X-Pro2 スペック予想!次世代のFUJIFILMフラッグシップ機

2012年2月の発売から3年が経過しているX-Pro1。少し前までは「大きなブレイクスルーがあるまでは後継機は出ない」という話でしたが、「35mmフルサイズ化も有機センサー化も無い」という予想が支配的になってきた昨今、なんとなくX-Tranc CMOSセンサーの高画素化路線による後継機登場の気配が漂ってきていますね。

ということで、このエントリーでは「その路線であればX-Pro2はこうだったら嬉しいな」という予想スペックを書き散らしてみました。勝手な妄想記事ですので話半分でお楽しみ頂けますと幸いです。※上に掲載している「X-Pro2」のロゴ画像はフェイクです

FUJIFILM X-Pro2 予想スペック

マウント

  • FUJIFILM Xマウント

撮像部

  • APS-Cサイズ(23.6mm×15.6mm)
  • X-Trans CMOS III
  • 2400万画素
  • ローパスフィルターレス
  • X-Trans CMOS IIから解像感 30%アップ(でもギスギスしない)
  • 自動センサークリーニング(圧電素子による超音波方式)

画像処理エンジン

  • EXRプロセッサー III

手ぶれ補正

  • ボディ内手ぶれ補正
  • レンズのOISとも連携して高精度な補正を実現
  • Mマウントアダプター使用時でも焦点距離設定で最適な手ぶれ補正を実現
  • 開発は自社でなくて全然OK

ファインダー

  • ハイブリッドマルチビューファインダー
  • 光学ビューファインダー(X-Pro1同様 装着レンズによって倍率が変化する変倍式)
  • 電子式レンジファインダー(X100Tと同等)
  • 電子ビューファインダー(X-T1と同等 0.77倍 236万ドット 有機EL 表示タイムラグ0.005秒)
  • OLYMPUSのキャッツアイコントロール的なバックライトの自動調節機能付で快適な使用感
  • メニュー操作の際にOVFとEVFがガチャガチャ勝手に切り替わる点も改善

露出制御

  • 10万画素RGB+IR測光センサー(じゃなくてもいいので何らかの最新測光システム)
  • 新たなシーン解析・認識システムに基づいた高精度なAE
  • 常用ISO感度 80-12800
  • 露出補正±5EV

フォーカス

  • シングルAF / コンティニュアスAF / MF / AF+MF
  • 進化したインテリジェントハイブリッドAF(位相差検出&コントラスト検出)
  • EVF・LCD使用時のAFエリア 81点
  • OVF使用時のAFエリア 49点
  • AFスピード 0.06秒(SONY α6000と同等)
  • AF検出範囲 -4~20EV
  • 新しいAEシステムと連携した高速・高精度な顔認識、瞳認識

シャッター

  • メカシャッター 30秒~1/8000秒
  • 電子シャッター 1秒~1/32000秒
  • バルブ撮影は最長60分
  • フラッシュ同調速度 1/180秒以下

レスポンス

  • 起動時間 0.45秒
  • 撮影間隔 0.45秒
  • シャッタータイムラグ 0.045秒
  • もろもろX-T1よりもちょっと良くなっててほしい

ドライブ

  • 最速約8コマ/秒または約3コマ/秒の連写性能
  • AEブラケティング(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
  • フィルムシミュレーションブラケティング(3種類選択可能)
  • ダイナミックレンジブラケティング(100%・200%・400%)
  • ISO感度ブラケティング(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
  • ホワイトバランスブラケティング(±1/±2/±3)

液晶モニター

  • 3.2型 104万ドット
  • チルト式
  • 可動域は上約90度、下約45度

その他

  • 4K動画、4Kフォト
  • レンジファインダー機っぽい風貌はそのまま踏襲
  • 中身が詰まった精密感・塊感のある手触り
  • 温度耐性 -10℃~+40℃
  • 湿度耐性 10%~80%(結露しないこと)
  • Wi-Fi(NFC対応)搭載
  • 実売価格の初値は18~20万円ぐらい