楽天ブラックカードのインビテーションが届いた

楽天ブラックカード

たまにはカメラや写真とは違う話題もいいかなということで、今日は私宛に実際に届いた「楽天ブラックカード」のインビテーションの話をしてみます。他のカードとの比較もしていますので、何かの参考になりましたら幸いです。

目次

楽天ブラックカードとは

楽天ブラックカードとは、川平慈英さん演じる楽天カードマンのCMでお馴染みの「楽天カード」、および「楽天プレミアムカード」会員の中から厳選された方にのみインビテーションが送られてくる、楽天カード(株)が取り扱う最上位のクレジットカードで、ポイントの優待や旅行に便利なサービス、空港ラウンジの利用、国内外における旅行時の傷害保険、動産保険などが付帯した、限度額300万〜1000万円、年会費32,400円(税込)のプレミアムカードになります。

ただ、インビテーションには「ブラックカード」と明記されているものの、券面には「Platinum」という表記があり「どっちなの?」とツッコミを入れたくなるようなアベコベさがある代物で、さらに、プラチナといってもコンシェルジュデスクのようなサービスはないので、「ブラックカード」という音の響きから想像するステータス感はありません。

けっこう希少なカードらしい

とはいえこのカードの希少性はなかなか高いようで、ネットで調べてみたところ年間100万〜200万円はおろか、年間500万円以上使っていてもインビテーションが届かないケースもあるようです。

私がこれまで使ってきたのは限度額100万円のノーマル楽天カードで、家族カードを妻にも渡し、車のETCカードも楽天にして、ネットショッピングはもちろん、町での買物から外食、コインパーキング、スーパーマーケット、コンビニに至るまで「カードで支払えるものは全部楽天カードで決済」という消費スタイルなのですが、使っている額は年間300万〜400万円ぐらいだと思います。(※ちなみに新しいカメラやレンズを買う年はもっと額があがります)

具体的にどういう魅力があるのか?

楽天カードの魅力といえばやはり楽天スーパーポイントで、どこで使っても決済額の1%、楽天グループサービスで使えばさらに+1%(合計2%)のポイントが付与され、1ポイント=1円として使えるわかりやすさが特徴ですが、楽天ブラックカードのポイント優待はちょっと微妙です

思惑としては顧客の囲い込み戦略と楽天グループサービスの利用促進に力点を置いた優待で、簡単に言うと「楽天グループサービスの利用ではさらに+1%つけますよ」という内容なのですが、楽天グループが後発で進出した楽天トラベルや楽天ブックスといった他ジャンルのサービスの利用であれば常に+1%(合計3%)が付与されるものの、肝心の楽天市場で+1%が付くのは火曜と木曜、または特別指定日だけという制限があります。

これだと、私のように楽天市場以外のサービスをあまり利用しないユーザが恩恵を受けるには「買物は◯曜日だけ」というストレスを常に受けることになるので、あまりイケてません。というか、こういうセコいことされると「他のサービスも使ってみようかな」の前に「なんか楽天ブラックってショボイな」という惨めな気持ちが前にきてしまって楽天ブランド全体に対しての購買意欲が萎えます。

ポイント優待まとめ

  • 楽天市場・・・・2%→制限付き3%(誕生日月は4%)※火・木・キャンペーン日のみ
  • 楽天トラベル・・2%→3%
  • 楽天ブックス・・2%→3%(誕生日月は4%)
  • 楽天ビデオ・・・2%→3%
  • 楽天レンタル・・2%→3%

一方でその他のサービスはプレミアムカードらしく、国内宿泊予約の手配、海外の現地トラベルデスクによるオプションツアーの申し込み、荷物の無料宅配サービス、空港ラウンジの利用、プライオリティパスの無料発行(同伴者2名まで無料)、海外旅行傷害保険(最大1億円)、国内旅行傷害保険(最大5千万円)、動産保険(90日以内300万円まで)という内容になっています。

私の消費スタイルに合うか?

結論から言うと、私の消費スタイルでは年会費32,400円の元を取るのは難しいカードであると言えます。まず根本的に年間300万〜400万円を決済するといっても、実は楽天グループでの利用は年間6万〜24万円ぐらいで、楽天グループ以外での決済が圧倒的多数。楽天ブラックカードで+1%を優遇されても年間600円〜2400円程度にしかならないので、全然わりに合いません。

このブログを楽天カード(株)の人がみたら「いやいや、ブラックの魅力はポイント優待だけじゃないから!」と怒ると思うのですが、私の場合、ポイント優待以外にメリットを求めようとしても旅行はそんなに行きませんし、飛行機もそんなに乗りません。動産保険についても私はあまり物を壊しませんし、盗まれた事もないのでイマイチです。

唯一メリットを感じるとすれば限度額の増額で、年に数回大きな買物をする時に「限度額オーバーしちゃうからコレは違うカードで買おう」みたいな事があるので、その面倒が無くなるのはちょっと嬉しいかなという程度。穿った見方をすれば、私が楽天ブラックカードを保持すれば、楽天カード(株)は32,400円分の年会費売上が殆ど利益になってしまいます(だから、私にインビテーションがきたのかもw)。

他のカードとの比較

と、ここまで考察してきて、ふと「私に合っているのは本当に楽天カードなのだろうか?」という疑問が湧きました。これまでは迷うことなく楽天カードを使ってきましたが、よくよく考えると我が家はAmazonでの買物の方が多い(笑)。そんな時、妻に何気なく「Amazonってクレジットカードないよね?」と聞いたら「ん?あるよ」という返事が…Amazonカードって10年ぐらい前に無くなったと思ってたのですが、いつの間にか復活してたんですね。

早速調べてみると、年会費実質無料で1%〜1.5%還元のクラシックと、工夫すれば年会費5000円ぐらいになる1%〜2%還元のゴールドというラインナップで、最大還元率が適用されるAmazonでたくさん買物をする人ならメリットの大きいカードでした。しかし、クレジットカードのリテラシーが急激に高まった今の私はAmazonカードでは満足できませんので、更なる調査を進めました。結果、ありました。もっと魅力的なクレジットカードが。

楽天やAmazonよりスゴイ高還元率カード!

  • 1.80%還元の「リーダーズカード」
  • 1.75%還元の「漢方スタイルクラブカード」
  • 1.75%還元の「REXカード」
  • 2.00%還元の「リクルートカードプラス」
  • 【追記:注】リーダーズとREXは2015年一杯で還元率がしょぼくなるようです・・・

上記に挙げたカードの還元率だけに着目すると、楽天ブラックなら最大3%、Amazonゴールドなら最大2%なので「どこが良いの?」という感じですが、これらのカードのスゴイところは「どこで使っても同じ高還元率でポイントが付く」という所です。私の消費スタイルの場合、楽天やAmazonでの決済は年間決済額の1〜2割程度で、残り8割は他所での決済なので、個別のショッピングモールに特化したカードよりも、「どこでも◯◯%還元!」みたいなカードの方が遥かにメリットが大きいです。この十数年間「楽天カードサイコー!」と思っていましたが、目から鱗が落ちました。

結局、楽天ブラックはどうするの?

実は初年度年会費無料の特別インビテーションなので、とりあえず入手してみることにしました。なんだかんだ希少性のあるカードのようですし、結構見た目もカッコイイですし、限度額が上がるのも年に数回は助かります。それにもしかすると私のライフスタイルが楽天ブラックにフィットするものに変化しないとも限りませんので、とりあえず1年使ってみてからやめるかどうか判断するつもりです。※ちなみに、インビに記載されているURLから申し込んだらすぐ審査が通って、翌日発行され、今は到着待ちです

さらに、上に挙げた高還元率カードの中で私のスタイルに一番合っているリーダーズカードも申し込みました。国際ブランドがVISA、年間50万円以上の決済で家族カード含め年会費無料、ジャックスモールからのAmazon利用で還元率が2.3%にアップ、カードのデザインが結構カッコイイ、というのが決め手です。

それにしても、楽天ブラックカードのインビテーションは、私のクレジットカードリテラシーを一気に高める貴重なキッカケを与えてくれました。楽天カード(株)さんには感謝しております。

 

メーカー別記事一覧