富士フィルム XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル

富士フィルムの大口径標準ズームレンズ「フジノン XF16-55mm F2.8 R LM WR」が正式発表されましたね。焦点距離24-84mm(35mm判換算)開放F2.8通しというスペックは、各メーカーが性能を競い合っているカテゴリなので、富士フィルムが満を持して世に出す標準ズームは一体どれだけ素晴らしいのだろう?と期待感が高まるわけですが、公開された実写サンプルを見てみると、どれもシャープさに欠ける写真ばかりで今一つ心に響いてきません。画質を追求するために手ブレ補正はあえて載せなかったという事前情報もあり、かなり期待を寄せていましたが、今のところその期待には届いていません。

もちろん、このサンプルだけでレンズ性能を判断するのは早計ですが、これは商品の宣伝なのですからもっと気合いの入った写真を見せてほしいですね。前半のポートレートなんかは特にそうで、こういった変化球的な写真にせず、レンズの最高性能を引き出した美しい写真にすべきです。後半に少しオーソドックスなスタジオフォトがありますが、これもパンチが弱いというか古臭いというか、残念ながら13~14万円のレンズに期待する描写ではありません。もっと他の実写サンプルが出てくるのを待ちたいですね。

XF16-55mm F2.8 R LM WRで撮影された写真

XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル
XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル

一方、「レビュー」の方にある野生動物作家のクリス・ウェストンさんが撮影した鷹の横顔の写真(上段左)はシャープさという意味では良いですね。これがこのレンズのもつ本来の描写力なのでしょう。

XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル
XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル XF16-55mm F2.8 R LM WR 実写サンプル

フジノン XF16-55mm F2.8 R LM WR スペック表

型番 XF16-55mmF2.8 R LM WR
レンズ構成 12群 17枚
非球面レンズ 3枚
EDレンズ 3枚
焦点距離 24-84mm(35mm判換算)
開放F値 F2.8
最小絞り F22
絞り羽枚数 9枚(円形絞り)
絞りリング あり
絞り段数 1/3ステップ(全19段)
最短撮影距離(標準) 0.6m~∞
最短撮影距離(マクロ) 広角:30cm~10m
望遠:40cm~10m
コーティング ナノGIコーティング
手ぶれ補正 なし
AF駆動 リニアモーター
フィルター径 77mm
寸法 φ83.3×106mm
重量 655g
防塵防滴 対応
耐寒 マイナス10℃
 

FUJIFILM X-T1 関連商品