SIGMA dp3 Quattroの発売日は2015年3月!最新情報3点

CP+2015で行われたシグマ山木和人社長の講演動画がSIGMA Rumorsにアップされています。動画の中で山木社長はSIGMA dp3 Quattro発売日AF性能、同時発売されるコンバージョンレンズFT-1201)装着時のパフォーマンスについて言及していますので抜粋してご紹介いたします。

SIGMA dp3 Quattro 正面

SIGMA dp3 Quattro 3つの最新情報

  1. dp3 QuattroはAF性能がMerrillと比べて20~30%改善しており低照度での合焦率も改善している
  2. dp3 Quattroおよびコンバージョンレンズ「FT-1201」の発売予定は2015年3月
  3. dp3 QuattroはFT-1201装着時でも中心部のMTFは維持され、周辺部のMTFはかえって向上する

Merrill世代のAFは精度は申し分なかったものの、合焦速度についてはフォーカスリミットモードを使用しても速いとは言い難い代物だったので、AF性能アップは嬉しいですね。欲を言えば、DP3 Merrillはジジジジ、ググググうるさくて、静かな場所での使用では集中力を削ぐようなフィーリングがありましたので音が静かになってると嬉しいですね。

あと、コンバージョンレンズ装着で逆にMTFが向上するとは驚きです。開発者さん曰く「たまたま」だそうですが、MTFだけでレンズ性能が決まるものではないものの、テレコンをつけてMTFが良くなるというのは聞いたことがありませんので面白いですね。3月発売ということで今から楽しみです。ちなみに、AF性能の向上については、dp1 Quattro、dp2 Quattroでも2月末にリリースされる最新ファームウェアで反映されるそうです。

SIGMA dp3 Quattro 正面斜め SIGMA dp3 Quattro 裏面 SIGMA dp3 Quattro 裏面斜め SIGMA dp3 Quattro 下から