オリンパス E-M5 Mark II 40Mハイレゾショット サンプル

海外サイト「simplyROBIN」に掲載されているオリンパス O-MD E-M5 Mark IIの新機能「40Mハイレゾショット」を使って撮影された写真をご紹介いたします。1枚の写真につき全体像と等倍表示画像(左が40Mハイレゾショット撮影で右が通常撮影)がご覧頂けますので、興味のある方はぜひご確認ください。

しかしまぁ、こうして実際に撮影された写真をみると「フルサイズを超える高解像度」の謳い文句が誇張ではないことがわかりますね。この機能を有効に使うには三脚使用が必須で、被写体が2秒間静止していられる対象に限定されるので、撮影には苦労があるかと思いますが、きっちりとハマれば素晴らしい描写が得られますね。

この機能はセンサーシフト式のボディ内5軸手振れ補正機構の副産物なわけですが、こういう面白い機能を考えて、本当に実装してしまう、オリンパスの遊び心というか探究心というか、そういうのってすごく好感が持てますよね。この機能を使ってどんな素晴らしい写真が撮れらていくのか、非常に楽しみです。

▼45mm F1.8, 2.5sec, F8, ISO200
OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル1 OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル1 拡大
▼25mm F1.8, 1/6sec, F8, ISO200
OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル2 OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル2 拡大
▼25mm F1.8 1/13sec, F8, ISO200
OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル3 OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル3 拡大
▼25mm F1.8, 1/15sec, F8, ISO200
OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル4 OLUMPUS O-MD E-M5 Mark II 40Mハイレゾショットサンプル4 拡大