Canon EOS 5Dsはここが変わった!5D IIIとの比較 12項目

Canon EOS 5Ds / 5Ds R

2015年6月発売予定のキヤノン 高画素デジタル一眼レフカメラCanon EOS 5Ds」について、兄弟機である5D Mark IIIと比較して何処がどう変わったのか。12個の項目にわけてご紹介いたします。

目次

ついに来た!5060万画素センサー

ここ数年のキヤノンは高感度化の方向にセンサー開発の舵を切っており、Nikon D800の登場以来、画素数競争では後塵を拝している感がありましたが、ついに逆転の日が来ましたね。なんとビックリ 5D Mark IIIの2230万画素から一気に5060万画素へアップしてしまいます。

高画素化についてはS/N比ダイナミックレンジへの懸念を示す方もおられますが、「自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術を駆使。高画素化と高S/N比、広ダイナミックレンジをバランスさせた」というキヤノンの言葉を信じて大いに期待したいところです。ちなみに、事前の噂ではソニーとの共同開発という話がありましたが、5Dsと5Ds Rの5060万画素センサーは完全にキヤノン独自開発とアナウンスされています。※5Ds / 5Ds Rの実写サンプルはコチラ

35mmフルサイズ 5060万画素 CMOSセンサー

デュアルDIGIC 6でデメリットを極小化

EOS 5Dsは、キヤノン最新の画像処理エンジン「DIGIC 6」を2機搭載することによって高画素化によるデメリットを最小限に抑えています。5D Mark IIIから常用ISO感度が1段減って100-6400になり、連写も1コマ減って5コマ/秒になりましたが、画素数アップの代償は極めて少ないと評価したいです。

デュアルDIGIC 6 処理フロー

EOS iTR AFが搭載された

オートフォーカス機能についてはフラッグシップ機 EOS-1D Xおよび7D Mark IIと同じキヤノン最高のAFシステムが搭載されました。最大41点クロスの61点高密度レティクルAFAIサーボAF IIIEOS iTR AFを中心に、各種AEセンサーとも連携して、優れた捕捉・追従性能とピント精度を兼ね備えたフォーカシングが実現されています。5060万画素だからといって静物専用ではなく、スポーツから乗り物系まで何でも来い!といった気合を感じますね。

EOS iTR AF

EOS iSA システムが搭載された

測光システムについては1D Xに対して下克上を起こした7D Mark IIと同じ15万画素RGB+IR測光センサーEOS iSA システムが搭載されました。EOS iSA システムとは顔や色などを見分け、明るさやピントを瞬時に合わせる人間の視覚の働きをカメラに取り入れ、自動制御機能を高度化したもになります。簡単に言ってしまうと、カメラまかせのAEで撮っても人間の見た目に近い露出の写真が撮れるということです。

15万画素RGB+IR測光センサーとEOS iSA システム

光学ファインダーが進化した

EOS 5D Mark IIIは一世代前のインテリジェントビューファインダーでしたが、EOS 5Dsと5Ds RはEOS 7D Mark IIと同じ「インテリジェントビューファインダーII」が搭載されました。接眼したままAFフレーム選択ができるのはもちろん、見やすい電子水準器による水平出し、グリッド表示、クロップ撮影やアスペクト設定時の撮影範囲表示、暗所でAFフレームの視認性を高めるAIサーボAF照明などに対応しています。また、表示項目はカスタマイズが可能です。

インテリジェントビューファインダーII

1.3倍、1.6倍のクロップ機能がついた

クロップ機能が付いたのはEOSシリーズで初ではないでしょうか。1.3倍と1.6倍から選べて、1.3倍で約3050万画素1.6倍でも約1960万画素の精細な描写が得られます(保存はJPEGラージ / ファインになります)。

1.3倍、1.6倍のクロップ機能

フリッカーレス機能がいついた

蛍光灯など明滅する人工光源下での撮影における露出ムラや色ムラの発生を抑えるフリッカーレス機能が搭載されました。露出を狂わせる要因となる光源をカメラが検知すると、ファインダー視野内に警告を表示し、明滅の周期を検出して光量ピーク付近でのみ露光を実行するようになります。

タイムラプス動画が撮れるようになった

タイムラプス微速度撮影)動画がカメラ内で自動生成できるようになりました。一定間隔で撮影した静止画をつなげ、フルHD(ALL-I)の動画として記録・再生できます。設定可能な撮影間隔は1秒~99時間59分59秒、撮影回数は2~3600回。3600回の撮影時、動画として記録される時間の目安は約2分(NTSC設定時:29.97P)または約2分24秒(PAL設定時:25.00P)となります。また、ミラーアップしたまま電子先幕/電子後幕シャッターで露光を制御するため、撮影は低振動で静音とのことです。

タイムラプス動画

インターバルタイマー機能が搭載された

EOS 7D Mark IIで初搭載されたインターバルタイマー機能が搭載されました。この機能を使えば時間をかけて変化する被写体の様子を自動で定点撮影できます。設定可能な撮影間隔は1秒~99時間59分59秒、撮影回数は1回~99回または無制限です。

インターバルタイマー機能

バルブタイマー機能が搭載された

これまたEOS 7D Mark IIで初搭載されたバルブタイマー機能が搭載されました。これまでタイマーリモートコントローラーを使って撮影していた長時間露光撮影がカメラ単体で行えます。露光時間は1秒から99時間59分59秒の範囲で設定できます。

バルブタイマー機能

UHS-I対応でSDの読み書きが速くなった

カードスロットは5D Mark IIIと同じCFカードとSDメモリーカードのデュアルスロットですが、UHS-Iに対応したので、UHS-I対応のSDメモリーカードを使用した時の速度が速くなりました。CFカードは5D Mark IIIと同じUDMAモード7対応です。

重量が20g軽くなった

ボディサイズについては5D Mark IIIと同じ幅152×高さ116.4×奥行き76.4mmですが、重量が20g軽い930gになりました。たかが20g、されど20gです。

まとめ

EOS 5Dsは5D Mark3をベースに5060万画素の新開発センサーを搭載し、デュアルDIGIC6で処理速度を上げてストレスフリーな速度感を維持しつつ、後発の1DXや7D mark2で醸成された高性能なAF・AEシステムや、フリッカーレス、クロップ、タイムラプスなどの機能を盛り込んで、モダンなカメラに昇華したという感じですね。価格は5Dsで¥454,890、5Ds Rで¥484,050とかなり値が張りますが、ぜひとも手にして、その高解像度の世界を堪能してみたいカメラです。⇒こちらで5Ds / 5Ds Rの実写サンプルをご覧いただけます

Canon EOS 5Ds / 5Ds R

Canon EOS 5Ds, 5D Mark3 スペック比較表

機種 EOS 5Ds EOS 5D Mark III
センサーサイズ 36x24mm
有効画素数 5060万画素 2230万画素
画像処理エンジン デュアルDIGIC6 DIGIC5+
AF測距点 61点41点クロス
AF検出範囲 EV-2~18
EOS iTR AF -
AFアルゴリズム AIサーボAF III
AE測光方式 15万画素RGB
+IR測光センサー
252分割TTL開放測光
63分割 TTL開放測光
EOS iSA システム -
ISO感度 常用:100-6400
拡張:50、12800
常用:100-12800
拡張:25600
シャッタースピード 1/8000-30秒
ストロボ同調速度 1/200秒
連写 約5コマ/秒 約6コマ/秒
液晶モニター 3.2型 104万ドット
ファインダー インテリジェント
ビューファインダーII
インテリジェント
ビューファインダー
ファインダー視野率 100%
ファインダー倍率 0.71倍
電子水準器
グリッド表示
クロップ機能 1.3x、1.6x -
アンチフリッカー -
クイックコントロール
スクリーン
-
タイムラプスムービー -
インターバルタイマー -
バルブタイマー -
動画 1920x1080 30fps (ALL-I、IPB)
RAW RAW(50MP)
M-RAW(28MP)
S-RAW(12.4MP)
RAW(22.1MP)
M-RAW(10.5MP)
S-RAW(5.5MP)
メディア CF(UDMA7)
SD/SDHC/
SDXC(UHS-I)
CF(UDMA7)
SD/SDHC/SDXC
mini HDMI 出力端子
外部マイク端子
外装カバー マグネシウム合金製
防塵防滴
バッテリー LP-E6N / LP-E6 LP-E6
寸法(mm) 152x116.4x76.4
重量 930g 950g