Canon EOS 5Ds R と 5D Mark3 の外観デザインを比較

ついに正式発表されたキヤノンの高画素デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds Rと兄弟機であるEOS 5D Mark3のの前面、上面、裏面を比較した画像を作成してみました。両機は寸法が全く一緒なので、ボディは5D Mark3からそのままキャリーオーバーするのかと思っていましたが、詳細に見てみると若干の違いが見て取れますね。

ペンタ部や天面のシャッター側がエッジィなシェイプに変更されている

まず、5D Mark3と比較して5Ds Rの方がペンタ部(ロゴ上部分)のエッジが立っていますし、シャッターボタンの手前にあるメイン電子ダイヤルの右側やDRIVEボタンの前付近もエッジが立っていて、その違いを認識した後で改めて見ると若干キリッとした印象を受けます。また、これはかなり微妙ですがシャッターボタンの角度が右斜手前に少し寝ているように見えるので、単にキャリーオーバーしただけなのではなく、さらにエルゴノミクスなデザインに改良されているようです。あと、これは個人的にすごく嬉しいのですが、モードダイヤルのシルバーのあしらいが無くなってシンプルになったのも好印象ですね。

機種名バッジは5Dsがゴールドで5Ds Rが白文字に赤文字の「R」

以前紹介したEOS 5Ds(ローパスフィルターありバージョン)の画像はバッジの機種名ロゴがゴールド色でしたが、この5Ds Rの画像は銀色か白っぽい色に「R」だけが赤文字というデザインになっていますので、もしかするとどちらかがフェイクである可能性があります。いづれにしても正式発表が楽しみですね。(※結局、バッジのカラーリングは紹介した画像が正しかったようで、統一感は気にしていないようです)

Canon EOS 5Ds RとEOS 5D Mark3の前面・上面・裏面の比較
 

Canon 5D Mark3 関連商品