SONY α9 スペック予想 〜この性能なら40万円でもほしい〜

2015年2月の発表が噂されているソニーのミラーレス一眼カメラ「α9」の予想スペック(というか「こういう感じだったら40万でもほしい!」という希望)をまとめてみました。噂ではセンサーサイズが中判サイズになるという話もありますが(※Phase ONe IQ250、Hasselbrad H5D-50C、PENTAX 645Zに供給されている50MP中判センサーはソニー製なので、ソニーが自社ブランドで中判デジタルカメラをリリースする可能性は高いですが)、このエントリーでは来年登場するカメラとしてありえそうな35mmフルサイズデジタル一眼カメラとしてのα9を妄想してみました。

SONY α9 予想スペック

マウント

  • ソニーEマウント

画像処理エンジン

  • デュアル BIONZ X

撮像部

  • 35mmフルサイズ(35.8x23.9mm)
  • 5000万画素を超えるCMOSセンサー
  • イメージセンサーシフト駆動によるアンチダスト機能
  • ギャップレスオンチップレンズ構造

最新の噂だと有効画素数は4600万画素になると言われていますが、5000万画素超えを期待したいですね。高画素化するとファイル容量の大きさが心配ですが、Canon EOS 5Ds / 5Ds RのRAWで60MB程度と許容範囲内だったので、ぜひα9もそのぐらいにまとめて頂いて、5Dsを超える高画素機にしてほしいものです。

手ぶれ補正

  • センサーシフト式5軸補正
  • 4.5段分の補正効果

α7IIからのキャリーオーバーでお願いします。

フォーカス

  • 4D FOCUS搭載
  • ファストハイブリッドAF(位相差検出方式 / コントラスト検出方式)
  • 位相差検出方式 測距点 143点
  • コントラスト検出方式 測距点 25点
  • AFスピード 0.06秒
  • 他社フラッグシップ一眼レフ並のAF-C
  • AF検出輝度範囲 -3〜20EV
  • 高精度な顔検出・瞳AF

無茶ぶりですがオートフォーカスはα6000並のスピードを期待したいですね。位相差検出の143点測距は厳しいと思いますが、α7・α7IIと同じ117点だとぶっ飛べないので、そのぐらいカマしほしいです。AF-Cへのこの期待はさすがに無理でしょうが、期待するのはタダなので書いときました。

露出制御

  • 専用センサーによる革新的な測光方式
  • 露出補正±5EV
  • ISO100-25600

シャッター

  • 30秒〜1/32000秒(機械式&電子式)
  • サイレントシャッター搭載
  • 40万回の作動試験をクリア

ドライブ

  • Hi 5コマ/秒
  • Lo 2.5コマ/秒

電子ビューファインダー

  • 300万ドット超え
  • 視野率0.77倍
  • タイムラグ0.005秒

電子ビューファインダーはFUJIFILM X-T1と同等か、より優れたものにして欲しいです。

液晶モニター

  • 3.3型 123万ドット
  • 角度調節可能(上約107度, 下約41度)

ボディ

  • 上・前・後カバーはマグネシウム合金製
  • 防塵防滴
  • マルチインターフェースシュー搭載
  • シャッタースピードダイヤル搭載

シャッタースピードダイヤルが好きなので、是非搭載してほしいです。

その他

  • 14bit RAW
  • 4K出力
  • 35〜40万円
 

その他のソニー関連記事