Canon EF400mm F4 DO IS II USM 新型 旧型 比較



2014年11月28日に発売されたキヤノンの超望遠単焦点レンズ EF400mm F4 DO IS II USMとその旧モデルであるEF400mm F4 DO IS USMの比較をまとめました。今回のリニューアルにおける光学性能の向上は目を見張るものがありますね。それはMTFを見れば一目瞭然で、天井に張り付いている曲線が劇的な進化を物語っています。このレンズなら中央から周辺まで均一で美しい描写が得られそうです。その代わり重量が160g増えてしまいましたが、このクラスのヘビー級レンズで、この性能アップを考えれば問題ない範囲でしょう。

その他にも、絞り羽が8枚から9枚に増え、最短撮影距離が3.5mから3.3mと20cmも縮小され、手ぶれ補正効果も2段分から4段分になるなど、さまざまな部分に改良が施されており、12年ぶりの進化の充実ぶりを感じさせます。外観についても三脚座の造形が最新の白レンズ仕様になり、鏡筒全体のラインも美しくなりました。先端だけボコッと肥大していた旧型よりモダンですね。

EF400mm F4 DO IS II USM vs EF400mm F4 DO IS USM

II型(新型) I型(旧型)
価格 ¥777,682 ¥594,514
発売日 2014年11月28日 2002年 8月8日
焦点距離 400mm
開放F値 F4
画角 水平:5゚10'
垂直:3゚30'
対角線:6゚10'
レンズ構成 12群18枚 13群 17枚
絞り羽根枚数 9枚 8枚
最小絞り 32
最短撮影距離 3.3m 3.5m
最大撮影倍率 0.13倍 0.12倍
フィルター径 差し込み52mm
最大径×長さ φ128×232.7mm φ128×232.7mm
質量 2,100g 1,940g
手ブレ補正効果 4段分 2段分
蛍石レンズ
DOレンズ
研削非球面レンズ
非球面レンズ
UDレンズ
IMAGE STABILISER
リングUSM
インナーフォーカス
フルタイムマニュアル
防塵・防滴

※価格情報は記事作成当時に価格.comで調べたものになります

MTF特性図 - II型 I型



外観 - II型 I型

EF400mm F4 DO IS II - 外観 EF400mm F4 DO IS - 外観

レンズ構成 - II型 I型

EF400mm F4 DO IS II - レンズ構成 EF400mm F4 DO IS - レンズ構成
 

その他のキヤノン関連記事