α7 II ボディ内5軸手ブレ補正搭載 35mmフルサイズミラーレス

SONY α7 II 公表発売中

α7シリーズ誕生の際に「ボディ内手ブレ補正が搭載されればMマウントレンズの母艦として最高なのに」と思った人は多いと思いますが、ついにそれが実現しますね。2014年12月5日にボディ内5軸手ブレ補正機能が搭載されたα7IIが発売されます。描写性能はα7から据え置きであるものの、このバージョンアップを機に「たわむ」と不評だったマウントの剛性を高め、シャッターをグリップの上に再配置し、グリップそのものも握りやすいものに改良されたようです。表面処理も従来のツルツルではなくシボ加工が施されていて、高級感がグッと増しましたね。価格は184,560円です。

ちなみに、公式ページをみるとマウントアダプター経由の他社レンズ使用時における手ブレ補正機能の有用性に関する言及が殆ど無いので、他社レンズで手ブレ補正が使えるのか一抹の不安が漂いますが、ソニーはマウントアダプターを自社販売していないので、おおっぴらに「オールドレンズの母艦としても最高!」と宣伝できないのだと思います。とはいえ公式ページには「5軸ボディ内手ブレ補正機構搭載のα7 IIなら、手ブレ補正機能を搭載していない数々の銘レンズも特性や描写性能を最大限に生かしながら撮影が楽しめます。」という記載がありますので、5軸がフルで使えるかどうかはさておき、手ブレ補正の恩恵は受けられるはずです(※その後、純正レンズ以外の手ぶれ補正は3軸になることが判明しました)。

今回は24MPのα7のみのバージョンアップのようですが、36MPのα7Rのボディ内手ブレ補正搭載バージョンも早くリリースして欲しいですね。一部にはそれがα9であるという噂もありますが、どうなんでしょうかね。今後の展開が楽しみです。

下表はDxOMarkによるα7RとFEレンズの解像力をまとめたものですが(α7は計測されていません)、こうしてみると単焦点と望遠ズームに比べて、広角〜標準ズームはガクンと解像力が下がります。これが24MPのα7となるとスコアはさらに下がるので、解像力重視の人はα7R IIの登場を待った方が良いかもしれません。

ソニーFEレンズ解像度まとめ

Lens with Sony α7R P-Mpix Price
FE Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZA 29 ¥75,549
FE Carl Zeiss Sonnar T* 35mm F2.8 ZA 22 ¥58,876
FE 70-200mm F4 G OSS 23 ¥126,009
 FE Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-35mm F4 ZA OSS  16 ¥134,628
 FE Carl Zeiss Vario-Tessar T* 24-70mm F4 ZA OSS  15 ¥98,775
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS 16 ¥43,498

※29P-Mpix=2900万画素相当の解像力という意味になります。
※価格は記事作成当時に価格.comで調べたものになります

 
  

その他のソニー関連記事