新型 ライカMモノクローム ~後継機への妄想~

今年(2014年)の初夏にライカストアに行った際、スタッフの方に「ライカMモノクロームの後継機を出す予定はありますか?」と質問したところ「予定はありません」という回答でしたが、本当にもう出ないのでしょうかね。オーナーとしては唯一無二の存在として現行機が存在し続けるのは嬉しいですが、その半面、M240と併用していて使い勝手の面で不満を感じることが多々あるので、後継機が出てほしいなぁという気持ちの方が強いです。

希望としては、カラーフィルター無しの2400〜3600万画素CMOSセンサーでPhase OneのIQ260 Achromaticに迫る描写力に。液晶は3.0型92〜104万ドット。ライブビュー&フォーカスピーキング撮影可能。LED表示のブライトフレーム。ライカビゾフレックス(EVF)装着可能。などなどへのバージョンアップを施し、プロセッサも次世代のライカS(Typ007)と同じLeica Maestro IIにしてサクサク撮影できるようにして欲しいです。それで仮に値上がりする(例えば150万円ぐらいになっちゃう)としても頑張って買いますんで。

その他のライカ関連記事

ライカMモノクロームで撮影した関東小旅行記