レンズ用語:最高のボケ味

「最高のボケ味」とは、一般的にデフォーカス域にある像のボケかたに二線ボケ(一本の線が二本に見える)やグルグルボケ(渦巻状に像が歪む)といったクセが無く、結像面からデフォーカス域への変化が滑らかで美しい描写をするレンズへの褒め言葉として使われれる傾向にあります。

この言葉は、特にF値の明るい高価な大口径レンズのレビューでよく耳にします。何をもって最高であるかは人それぞれの主観によるところですが、そんな最上級の賛辞とともにアップされる写真がPCデスクの前に無造作に置かれたレンズキャップや、卓上の発泡酒の空き缶のようなこともままあり、拍子抜けさせられることも多々あります。

最高のボケ味を持つレンズで写真を撮ることはあくまでも手段であって目的ではないので、最高のボケ味のレンズだからこそ、ふさわしい内容の伴った写真を撮るように心がけたい今日この頃です。

>その他のレンズ用語