写真用語|4Kフォト, 8Kフォト → シャッターチャンスという概念がなくなる

4Kフォトとは、昨今パナソニックのデジタルカメラ LUMIXシリーズのGH4FZ1000LX100などに搭載されはじめている、撮影した動画の中から1コマを静止画として抜き出す機能(またはその撮影様式)のことを指します。

従来のフルHD(1920 x 1080)から切り出した静止画は約207万画素の画像であるため、L判プリント程度までしか許容できなかったことに対して、4K(3840 x 2160)は約829万画素であるためさらに高精細な画像が得ることができ、A3サイズのプリントにも対応可能となりました。

また、秒間30コマで撮影された動画から好きなコマを選べるため、シャッターチャンスという概念がなくなり、決定的瞬間を容易に静止画として得られることが特徴です。さらに、今後は約3317万画素の8Kフォト(7680×4320)の時代がくると言われており、2014年現在の高画素カメラと同等の画像を得ることが可能になるため、これまで常識とされていた写真撮影の様式を根底から覆す可能性を秘めています。

フルHD、4K、8K動画の解像度と画素数

方式 画面サイズ 画素数
フルHD 1920 x 1080 約207万画素
4K 3840 x 2160 約829万画素
8K 7680 x 4320 約3317万画素
 

4Kフォトに対応したLX100関連記事


LX100、RX100M3、STYLUS 1s、G7X、X30 スペック比較

安価なお手軽コンデジはスマートフォンの台頭で淘汰されつつある昨今、しかしハイエンドコンデジのカテゴリはまだまだ元気で、フォーサーズ規格と同じ4/3型センサーを採用したLUMIX DMC-LX100の登場で、今後さらなるセンサーの大型化が進みそうですね。EOS M2の購入を機にFUJIFILM X20を処分して以来、私の手元にはコンデジがないのですが、ここ最近で勃興してきた4Kフォトという撮影様式には関心があるので、LX100は大変気になっています。

発売当初は9万円以上のプライスタグがついており、おいそれと買えない気がしていましたが、もはやRX100M3と同価格帯になり、PowerShot G7Xとの価格差も縮まってきたので、そろそろ欲しがり気分がMAXに達してきております。

ということで他カメラとのスペック比較などしながら日々モヤモヤしております(笑)下表はここ最近で発売された高級コンパクトデジタルカメラ(RX100M3、STYLUS 1s、PowerShot G7 X、FUJIFILM X30)とのスペック比較表ですが、どのカメラもコンデジとしては立派なスペックですね。購入を検討されてる方の一助になれれば幸いです。

LX100, RX100M3, STYLUS 1s, G7X, X30 ペック比較

メーカー Panasonic SONY OLYMPUS Canon FUJIFILM
機種 LUMIX
DMC-LX100
DSC-RX100M3 STYLUS 1s PowerShot G7 X X30
価格.com ¥76,257 ¥76,980 ¥49,968 ¥54,450 ¥51,799
発売日 2014.11.13 2014.5.30 2014.11.14 2014.10.3 2014.9.20
撮像素子 4/3型MOS 1型CMOS
裏面照射型
1/1.7型CMOS
裏面照射型
1型CMOS
裏面照射型
2/3型
X-Trans CMOS II
裏面照射型
有効画素数 1280万画素 2010万画素 1200万画素 2020万画素 1200万画素
焦点距離:広角 24mm 24mm 28mm 24mm 28mm
焦点距離:望遠 75mm 70mm 300mm 100mm 112mm
F値:広角 1.7 1.8 2.8 1.8 2
F値:望遠 2.8 2.8 2.8 2.8 2.8
光学ズーム 3.1倍 2.9倍 10.7倍 4.2倍 4倍
デジタルズーム 4倍 44倍 2倍 4倍 2倍
シャッター
スピード
60-1/4000秒 1-1/2000秒 60-1/2000秒 1-1/2000秒 1/4-1/4000秒
AF測距点 49点 25点 35点 31点 49点
ISO感度 125-25600
拡張:100
125-12800
拡張:80,100,
25600
100-12800 125-12800 100-12800
最短撮影距離 50cm(標準)
3cm(マクロ)
5cm(標準) 10cm(標準)
5cm(拡張マクロ)
5cm(標準)
5cm(マクロ)
50cm(標準)
10cm(マクロ)
1cm(拡張マクロ)
液晶モニタ 3.0型
92万ドット
3.0型
122.88万ドット
3.0型
104万ドット
3.0型
104万ドット
3.0型
92万ドット
モニター可動 上180度・下45度 上80度・下50度 上180度
電子ファインダー 0.38型
276万ドット
144万ドット 144万ドット 無し 0.39型
236万ドット
撮影枚数 350枚 320枚 450枚 210枚 470枚
動画撮影サイズ 3840x2160 1920x1080 1920x1080 1920x1080 1920x1080
最長撮影時間 約65分 約50分 メモリに依存 メモリに依存 メモリに依存
フレームレート 30fps 60fps 29.97fps 60fps 60fps
手ブレ補正 光学式 光学式 レンズシフト式 光学式 レンズシフト式
Wi-Fi
自分撮り機能
AF自動追尾機能
4Kフォト
タッチパネル
サイズ(mm) 114.8x66.2x55 101.6x58.1x41 116.2x87x56.5 103x60.4x40.4 118.7x71.6x60.3
総重量 393g 290g 402g 304g 423g

LUMIX LX100で撮影された写真

SONY RX100で撮影された写真

Canon PowerShot G7Xで撮影された写真

FUJIFILM X30で撮影された写真

Panasonic LX100 関連製品

SONY RX100M3 関連製品

OLYMPUS STYLUS 1s 関連製品

Canon PowerShot G7 X 関連製品

FUJIFILM X30 関連製品

 

その他のコンデジ関連記事


新型 ライカMモノクローム ~後継機への妄想~

今年(2014年)の初夏にライカストアに行った際、スタッフの方に「ライカMモノクロームの後継機を出す予定はありますか?」と質問したところ「予定はありません」という回答でしたが、本当にもう出ないのでしょうかね。オーナーとしては唯一無二の存在として現行機が存在し続けるのは嬉しいですが、その半面、M240と併用していて使い勝手の面で不満を感じることが多々あるので、後継機が出てほしいなぁという気持ちの方が強いです。

希望としては、カラーフィルター無しの2400〜3600万画素CMOSセンサーでPhase OneのIQ260 Achromaticに迫る描写力に。液晶は3.0型92〜104万ドット。ライブビュー&フォーカスピーキング撮影可能。LED表示のブライトフレーム。ライカビゾフレックス(EVF)装着可能。などなどへのバージョンアップを施し、プロセッサも次世代のライカS(Typ007)と同じLeica Maestro IIにしてサクサク撮影できるようにして欲しいです。それで仮に値上がりする(例えば150万円ぐらいになっちゃう)としても頑張って買いますんで。

その他のライカ関連記事

ライカMモノクロームで撮影した関東小旅行記

 

被写界深度表 ライカ アポズミクロンM 90mm f/2 ASPH.

ライカの公式ページにあるライカMレンズのテクニカルシートにはF値と撮影距離別にDOF(被写界深度)の範囲がマトリックス表にまとまっているのですが、どのぐらいの領域が被写界深度の範囲内であるかパッと見でわかりづらいので、何メール何センチ単位の表記を追加した表を作成しました。Mレンズユーザの方には何かの役に立つと思いますのでシェアさせて頂きます。この表はLEICA APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.のものです。

被写界深度表 ライカ アポズミクロンM 90mm f/2 ASPH.

f2 f2.8 f4 f5.6 f8 f11 f16
1m 0.993-1.007
1.4cm
0.990-1.010
2cm
0.986-1.014
2.8cm
0.980-1.020
4cm
0.972-1.029
5.7cm
0.962-1.041
7.9cm
0.946-1.061
11.5cm
1.2m 1.190-1.211
2.1cm
1.186-1.215
2.9cm
1.179-1.221
4.2cm
1.171-1.230
5.9cm
1.159-1.244
8.5cm
1.145-1.261
11.6cm
1.122-1.291
16.9cm
1.7m 1.679-1.722
4.3cm
1.670-1.731
6.1cm
1.658-1.745
8.7cm
1.614-1.763
14.9cm
1.617-1.792
17.5cm
1.588-1.829
24.1cm
1.543-1.894
35.1cm
2m 1.970-2.031
6.1cm
1.958-2.043
8.5cm
1.941-2.063
12.2cm
1.918-2.089
17.1cm
1.886-2.130
24.4cm
1.846-2.183
33.7cm
1.784-2.278
49.4cm
3m 2.932-3.071
13.9cm
2.906-3.101
19.5cm
2.867-3.146
27.9cm
2.817-3.209
39.2cm
2.746-3.307
56.1cm
2.661-3.440
77.9cm
2.531-3.687
1m15.6cm
4m 3.879-4.129
25cm
3.833-4.183
35cm
3.765-4.266
50.1cm
3.679-4.383
70.4cm
3.557-4.571
1m1.4cm
3.415-4.831
1m41.6cm
3.203-5.336
2m13.3cm
7m 6.635-7.408
77.3cm
6.499-7.586
1m8.7cm
6.305-7.869
1m56.4cm
6.064-8.280
2m21.6cm
5.736-8.986
3m25cm
5.373-10.06
4m68.7cm
4.861-12.56
7m69.9cm
125.3-∞ 89.51-∞ 62.65-∞ 44.77-∞ 31.35-∞ 22.81-∞ 15.70-∞
 

その他のライカMレンズ被写界深度表の記事


被写界深度表 ライカ アポズミクロンM 75mm f/2 ASPH.

ライカの公式ページにあるライカMレンズのテクニカルシートにはF値と撮影距離別にDOF(被写界深度)の範囲がマトリックス表にまとまっているのですが、どのぐらいの領域が被写界深度の範囲内であるかパッと見でわかりづらいので、何メール何センチ単位の表記を追加した表を作成しました。Mレンズユーザの方には何かの役に立つと思いますのでシェアさせて頂きます。この表はLEICA APO-SUMMICRON-M 75mm f/2 ASPH.のものですが、このレンズは中望遠のわりに70cmまで寄れるので、最短撮影距離の被写界深度は1cmと極薄になりますね。

被写界深度表 ライカ アポズミクロンM 75mm f/2 ASPH.

f2 f2.8 f4 f5.6 f8 f11 f16
0.7m 0.695-0.705
1cm
0.694-0.706
1.2cm
0.691-0.709
1.8cm
0.688-0.713
2.5cm
0.683-0.719
3.6cm
0.676-0.726
5cm
0.666-0.738
7.2cm
0.8m 0.794-0.806
1.2cm
0.792-0.809
1.7cm
0.788-0.812
2.4cm
0.783-0.818
3.5cm
0.776-0.825
4.9cm
0.768-0.835
6.7cm
0.745-0.852
10.7cm
1m 0.990-1.011
2.1cm
0.986-1.014
2.8cm
0.980-1.021
4.1cm
0.973-1.029
5.6cm
0.962-1.042
8cm
0.948-1.059
11.1cm
0.923-1.088
16.5cm
1.2m 1.185-1.216
3.1cm
1.180-1.221
4.1cm
1.171-1.231
6cm
1.160-1.243
8.3cm
1.143-1.263
12cm
1.124-1.288
16.4cm
1.092-1.333
24.1cm
1.5m 1.476-1.525
4.9cm
1.467-1.534
6.7cm
1.454-1.550
9.6cm
1.436-1.570
13.4cm
1.410-1.603
19.3cm
1.379-1.645
26.6cm
1.331-1.721
39cm
2m 1.956-2.047
9.7cm
1.941-2.063
12.2cm
1.916-2.092
17.6cm
1.885-2.131
24.6cm
1.840-2.192
35.2cm
1.786-2.275
48.9cm
1.704-2.427
72.3cm
3m 2.899-3.108
20.9cm
2.865-3.148
28.3cm
2.811-3.217
40.6cm
2.742-3.313
57.1cm
2.645-3.468
82.3cm
2.534-3.684
1m15cm
2.367-4.113
1m74.6cm
5m 4.722-5.314
59.2cm
4.630-5.435
80.5cm
4.488-5.645
1m15.7cm
4.312-5.954
1m64.2cm
4.073-6.485
2m41.2cm
3.809-7.302
3m49.3cm
3.439-9.249
5m81cm
82.78-∞ 60.91-∞ 42.65-∞ 30.48-∞ 21.35-∞ 15.55-∞ 10.71-∞
 

その他のライカMレンズ被写界深度表の記事


被写界深度表 ライカ ズミルックスM 50mm f/1.4 ASPH.

ライカの公式ページにあるライカMレンズのテクニカルシートにはF値と撮影距離別にDOF(被写界深度)の範囲がマトリックス表にまとまっているのですが、どのぐらいの領域が被写界深度の範囲内であるかパッと見でわかりづらいので、何メール何センチ単位の表記を追加した表を作成しました。Mレンズユーザの方には何かの役に立つと思いますのでシェアさせて頂きます。この表はLEICA SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.のものです。

被写界深度表 - LEICA SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.

f1.4 f2 f2.8 f4 f5.6 f8 f11 f16
0.7m 0.693-0.708
1.5cm
0.690-0.710
2cm
0.686-0.715
2.9cm
0.680-0.721
4.1cm
0.673-0.730
5.7cm
0.661-0.744
8.3cm
0.648-0.762
11.4cm
0.627-0.794
16.7cm
0.8m 0.790-0.810
2cm
0.787-0.814
2.7cm
0.781-0.820
3.9cm
0.774-0.828
5.4cm
0.764-0.840
7.6cm
0.749-0.859
11cm
0.732-0.884
15.2cm
0.704-0.929
22.5cm
1m 0.984-1.016
3.2cm
0.978-1.023
5.3cm
0.970-1.032
6.2cm
0.958-1.046
8.8cm
0.942-1.066
12.4cm
0.919-1.098
17.9cm
0.892-1.140
24.8cm
0.851-1.218
36.7cm
1.2m 1.177-1.224
4.7cm
1.168-1.233
6.5cm
1.156-1.247
9.1cm
1.138-1.269
13.1cm
1.116-1.299
18.3cm
1.083-1.347
26.4cm
1.045-1.412
36.7cm
0.988-1.537
54.9cm
1.5m 1.463-1.539
7.6cm
1.450-1.554
10.4cm
1.431-1.576
14.5cm
1.403-1.612
20.9cm
1.368-1.661
29.3cm
1.319-1.742
42.3cm
1.262-1.855
59.3cm
1.178-2.081
90.3cm
2m 1.934-2.070
13.6cm
1.910-2.099
18.9cm
1.877-2.141
26.4cm
1.829-2.208
37.9cm
1.768-2.304
53.6cm
1.685-2.466
78.1cm
1.591-2.704
1m11.3cm
1.458-3.225
1m76.7cm
3m 2.852-3.164
31.2cm
2.799-3.232
43.3cm
2.726-3.336
61cm
2.624-3.505
88.1cm
2.499-3.759
1m26cm
2.333-4.218
1m88.5cm
2.155-4.983
2m82.8cm
1.912-7.154
5m24.2cm
5m 4.598-5.480
88.2cm
4.459-5.693
1m23.4cm
4.274-6.027
1m75.3cm
4.024-6.611
2m58.7cm
3.734-7.593
3m85.9cm
3.370-9.776
6m40.6cm
3.005-15.29
12m28.5cm
2.548-278.8
276m25.2cm
56.14-∞ 40.33-∞ 28.82-∞ 20.19-∞ 14.44-∞ 10.12-∞ 7.375-∞ 5.087-∞
 

その他のライカMレンズ被写界深度表の記事


Godox V850はCP最高!600EX-RTやSB-910よりオススメ?

今年の頭にアップしたエントリーで話題にしたGodox V850ですが、購入以来、大活躍しています。今さらながら思うのですが、ニコンのB-910(GN34)が1台44,595円、キヤノンの600EX-RT(GN60)が1台45,500 円で販売されていることを考えると、GN58のV850が2台にワイヤレスコントロールシステムが付いて約3万円(1台単品でも1万6千円ほど)で買えてしまうGodox V850システムのコストパフォーマンスは驚異的ですね。

フルチャージでも1.5秒かからず、フル充電したバッテリーであればフルパワーでも約650回も発光できる(実際のところフル発光は殆ど使わないので、実質撮影中に電源を気にすることは皆無)。これだけ軽快にバシバシ撮れてストレスの無いストロボが半額以下ってすごすぎます。

ちなみに、これまでのV850にはバッテリーの信頼性が低く、TTLオートが使えないというウィークポイントがありました。バッテリートラブルは私も悩まされまして、3個ある内の1つは正常、1つは不良品(全く充電できない)、1つは充電できるもののすぐ無くなるという状態でしたが、現在は日本の代理店がきちんと動作保障を付けてくれているので安心して購入できますし、TTLオートについても、キヤノン、ニコンそれぞれのオート調光に対応したV850CV850Nが発売されていますので、マニュアル調光できない方でも問題なし。メーカー純正の安心感、信頼感みたいな部分に魅力を感じない方は、あらゆるカメラで汎用的に使えるV850シリーズを購入した方が幸せになれそうです。

Godox V850 クリップオンストロボ スペック表

電源 リチウムバッテリー
ガイドナンバー 58
色温度 5600±200K
首振り角度 垂直:-7°〜90° 水平:0〜360°
バッテリ−充電時間 約2.5時間
リサイクルタイム 1.5秒 ※フルチャージ
フル発光回数 約650回
閃光時間 1/300 – 1/12000秒
サイズ 64x76x190mm
重量 約530g(バッテリ含)
 

ストロボ 関連製品

その他のオススメ記事


レンズ用語:最高のボケ味

「最高のボケ味」とは、一般的にデフォーカス域にある像のボケかたに二線ボケ(一本の線が二本に見える)やグルグルボケ(渦巻状に像が歪む)といったクセが無く、結像面からデフォーカス域への変化が滑らかで美しい描写をするレンズへの褒め言葉として使われれる傾向にあります。

この言葉は、特にF値の明るい高価な大口径レンズのレビューでよく耳にします。何をもって最高であるかは人それぞれの主観によるところですが、そんな最上級の賛辞とともにアップされる写真がPCデスクの前に無造作に置かれたレンズキャップや、卓上の発泡酒の空き缶のようなこともままあり、拍子抜けさせられることも多々あります。

最高のボケ味を持つレンズで写真を撮ることはあくまでも手段であって目的ではないので、最高のボケ味のレンズだからこそ、ふさわしい内容の伴った写真を撮るように心がけたい今日この頃です。

>その他のレンズ用語

 

レンズ用語:インナーフォーカス → 望遠ズームレンズは焦点距離の変化に注意

インナーフォーカスとは、ピントを合わせる際にレンズ内部の光学系の一部だけを動かすことで合焦させる機構。レンズの全群を動かしてピントを合わせていた従来の方式と比べて、合焦速度を高速化することができ、レンズの全長も変化しないといったメリットがあります。

一方、撮影距離によって倍率(画角)が変わってしまうというデメリットもあり、注意が必要です。特に近接撮影時では顕著で、例えばニコンの高性能ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの場合、最短撮影距離1.4mでの撮影における実効焦点距離は60-130mmになってしまいます。

この辺りはあまりきちんと記載されていないので、特に倍率変化が大きくなりがちな高倍率ズームレンズを購入する際にはきちんと確認した方がよいです。ちなみにキヤノンのEF70-200mm F2.8L IS II USMは最短撮影距離1.2mmで実効焦点距離70-195mmになります。

>その他のレンズ用語

 

被写界深度表 ライカ ズミルックスM 35mm f/1.4 ASPH.

ライカの公式ページにあるライカMレンズのテクニカルシートにはF値と撮影距離別にDOF(被写界深度)の範囲がマトリックス表にまとまっているのですが、どのぐらいの領域が被写界深度の範囲内であるかパッと見でわかりづらいので、何メール何センチ単位の表記を追加した表を作成しました。Mレンズユーザの方には何かの役に立つと思いますのでシェアさせて頂きます。この表はLEICA SUMMILUX-M 35mm f/1.4 ASPH.のものです。

被写界深度表 ライカ ズミルックスM 35mm f/1.4 ASPH.

f1.4 f2 f2.8 f4 f5.6 f8 f11 f16
0.7m 0.684-0.716
3.2cm
0.679-0.723
4.4cm
0.671-0.732
6.1cm
0.659-0.747
8.8cm
0.644-0.768
12.4cm
0.623-0.801
17.8cm
0.599-0.848
24.9cm
0.562-0.940
37.8cm
0.8m 0.779-0.822
4.3cm
0.772-0.830
5.8cm
0.761-0.843
8.2cm
0.746-0.863
11.7cm
0.726-0.892
16.6cm
0.699-0.938
23.9cm
0.668-1.004
33.6cm
0.622-1.140
51.8cm
1m 0.967-1.035
6.8cm
0.955-1.049
9.4cm
0.939-1.070
13.1cm
0.915-1.104
18.9cm
0.885-1.152
26.7cm
0.844-1.233
38.9cm
0.798-1.353
55.5cm
0.732-1.620
88.8cm
1.2m 1.152-1.252
10cm
1.135-1.273
13.8cm
1.111-1.305
19.4cm
1.077-1.356
27.9cm
1.035-1.431
39.6cm
0.979-1.560
58.1cm
0.916-1.762
84.6cm
0.829-2.250
1m42.1cm
1.5m 1.425-1.583
15.8cm
1.399-1.618
21.9cm
1.362-1.671
30.9cm
1.310-1.757
44.7cm
1.248-1.887
63.9cm
1.165-2.124
95.9cm
1.076-2.523
1m44.7cm
0.956-3.690
2m73.4cm
2m 1.867-2.154
28.7cm
1.821-2.219
39.8cm
1.758-2.322
56.4cm
1.672-2.495
82.3cm
1.570-2.771
1m20.1cm
1.438-3.325
1m88.7cm
1.303-4.450
3m14.7cm
1.128-10.300
9m17.2cm
3m 2.71-3.37
66cm
2.61-3.53
92cm
2.48-3.80
1m32cm
2.31-4.30
1m99cm
2.12-5.21
3m09cm
1.88-7.66
5m78cm
1.65-18.7
17m5cm
1.38-∞
5m 4.23-6.12
1m89cm
3.99-6.71
2m72cm
3.69-7.78
4m09cm
3.32-10.2
6m88cm
2.93-17.7
14m77cm
2.49-∞ 2.10-∞ 1.67-∞
10m 7.31-15.9
8m59cm
6.61-20.6
13m99cm
5.83-35.9
30m07cm
4.95-∞ 4.12-∞ 3.30-∞ 2.64-∞ 1.99-∞
26.9-6.71
20m19cm
19.3-∞ 13.8-∞ 9.69-∞ 6.94-∞ 4.87-∞ 3.56-∞ 2.46-∞
 

その他のライカMレンズ被写界深度表の記事


レンズ用語:大三元、小三元 → 主にキヤノンズームレンズの愛称

主にキヤノンのF2.8通し高性能ズームレンズ、広角、標準、望遠の3本をまとめて「大三元」という愛称で呼ばれることがあります。具体的にはEF16-35mm F2.8L II USM、EF24-70mm F2.8L II USM、EF70-200mm F2.8L IS II USMを指し、この3本があれば超広角から望遠までの焦点距離がカバーでき、ほぼ何でも撮れる環境が揃うため、1つの到達点として捉えられる傾向にあるようです。ちなみに、この言葉の使用シーンとしては、所有レンズを紹介するときの省略表現としてや、憧れや愛情の表現として使われる場面が多いようです。一方、単焦点レンズ派のフォトグラファーにはこの表現を忌避する人もいるように見受けられます。

大三元(キヤノン)

また、キヤノンには小三元と呼ばれるF4通しの3本もあります。具体的にはEF17-40mm F4L USM、EF24-70mm F4L IS USM、EF70-200mm F4L IS USMの3本で、主に大三元は高価すぎて手が届かない人が自己卑下的にこの言葉を使用するシーンが目立ちますが、一方でむしろF4通しの軽量コンパクトさの有用性を説く人も多数おり、一方的に大三元に劣る存在として語られることのないレンズ達です。ちなみに、他メーカーのレンズでも大三元、小三元にあてはまるレンズラインナップはありますが、この言葉を使う人はあまりいませんので、やはり主にキヤノンレンズに関して使用する人が多いようです。

>その他のレンズ用語

小三元(キヤノン)

 

ニコン Nikkorレンズの実解像度 D4, D810, D610, D7100

ひとつ前のエントリーでキヤノンEFレンズの実解像度のまとめをアップしたので、ニコンの方もまとめました。下表はDxOMarkによるNikkorレンズの性能テストの内、Sharpness(解像力)の項目をピックアップしたものです。

表の見方は簡単で、P-Mpixの値が20であれば2000万画素級の解像力があるという意味になります。テスト機はD4D810D610D7100ですが、ニコンには3635万画を誇るD810があるのでさすがに数値が高いですね。EFレンズでは2200万画素が最高性能ですが、D810 + Nikkorレンズでは2000万画素超えはあたりまえで、2700万~3300万画素級の解像力を誇るレンズがゴロゴロありますね。解像力がレンズ性能のすべてでは無いことは言わずもがなですが、わかりやすい性能の指標であることは間違いないので、このキレっぷりには素直に賞賛を贈りたいです。

なお、P-Mpixは各F値による計測の平均(ズームレンズの場合は焦点距離毎の計測も加算した平均)によって導き出されている値であり、特定のF値、特定のズーム域では下表から想像する期待に答えてくれない可能性が予測されますので、特に開放描写の性能を重要視するフォトグラファーはあまり参考にしない方が良いかもしれません。

Nikkorレンズの実解像力 D4 vs D810 vs D610 vs D7100

Nikkorレンズ リリース
時期
解像力(P-Mpix)
D4 D810 D610 D7100
Ai AF Nikkor 14mm f/2.8D ED 2000年 10 17 13 10
Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D - 11 20 15 12
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 2010年 13 23 17 13
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 2012年 13 28 20 13
Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D - 12 19 15 11
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 2010年 12 22 16 14
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 2014年 13 27 19 16
Ai AF Nikkor 35mm f/2D - 12 21 16 13
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 2008年 12 21 16 13
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D - 12 22 16 14
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 2011年 12 22 16 14
Ai AF Nikkor 50mm f/1.8D - 12 23 17 13
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 2013年 11 25 16 14
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D - 12 25 18 13
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 2008年 12 20 15 11
AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G 2010年 15 30 21 16
Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF - 12 22 16 14
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 2012年 14 26 19 15
Ai AF DC-Nikkor 105mm f/2D - 13 23 18 12
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 2006年 12 21 16 12
Ai AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED - 10 14 12 8
AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II 2004年 15 33 23 17
Ai AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED - 12 27 19 11
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II 2010年 14 32 21 15
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR 2007年 15 33 22 17
AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR 2007年 11 22 17 9
AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR 2007年 12 24 18 10
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 2007年 13 23 17 13
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 2010年 11 19 14 11
Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED 1999年 9 14 12 9
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 2013年 11 23 16 11
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2007年 11 21 15 12
Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF 2000年 10 15 13 9
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 2012年 10 17 13 10
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2010年 10 15 13 9
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 2009年 12 27 18 15
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 2012年 13 29 20 13
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR 2010年 8 11 10 7
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 2006年 9 15 12 9
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2013年 10 18 15 9
AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II 2010年 11 22 17 10

ニコン機材で撮影された写真

 

ニコン 関連書籍

その他のオススメ記事