フォトキナ2014発表のライカ新製品について|ライカS-E、X-E他



LEICA S(Typ007)

新ライカSは予想通りCMOSにリニューアルされるようですね。センサーサイズは45x30mm、画素数は37.5メガピクセルで据え置きのようですが、イメージプロセッサがライカ Maestro IIへとバージョンアップして、連続撮影可能枚数は最大1.5コマ/秒から3.5コマ/秒に、ISOも最高1600から6400にアップして、ライブビュー撮影も可能に。さらには内蔵無線LANで携帯端末から操作ができたり、4K動画まで撮影できるそうです。外装の変更は上面ディスプレイの大型化と、それに伴ったSSダイヤルの小型化、動画録画ボタンとライブビューボタンの追加、左肩にあった突起(GPSモジュール)部のフラット化といった感じで、遠目からみるとS2時代のシンプルさが戻ってきた印象です。こうしてみると今回はCMOSへの換装に伴った恩恵の享受がメインで、画質面での向上はなさそうですが、現代的なカメラとしてさらに使いやすいものへと進化していってますね。ちなみに、発売予定は2015年中とかなりアバウトですが、もうB&Hに価格が出ており、日本円で277万円ぐらいのようです。

>ライカS(Typ006)に関連するその他のトピック



ライカS-E

ライカSシステム専用のLEMO®USB接続ケーブル、LEMO®シンクロコード、ライカプロテクションプラン(無償登録後3年間保証・修理中の代替機貸し出し)といった付属品を別売りにして、トップカバーをアンスラサイトグレーペイントに、シャッタースピードダイヤルをシルバーアルマイト仕上げに変更したこと以外は、現行のライカS(Typ006)と同じ内容だそうです。これが単にCCD機もラインナップに残しておくという話であれば素直に併売すれば良いわけですが、S-Eという形に変えるのはやっぱりライカM9に対するM-Eと同様に、開発コストをある程度回収した後で、少しだけ格を下げてプライスダウンし、エコノミーモデルとして販売するというライカの戦略なのでしょうね。いづれにしても動画や連写、ライブビューが必要ない方にとってライカS-Eはとても魅力的ですね。ちなみに、B&Hでの価格は日本円で180万円ぐらいのようです。



ズミクロンS F2/100mm ASPH.

「最も明るいポートレートレンズ」というキャッチコピーのついた、35mm判換算:80mm、開放F2のレンズ。既存のラインナップにあるアポ・マクロ・ズマリット120mm(35mm判換算:96mm)と大いに悩ませるレンズですが、やっぱり開放F値が明るいのは魅力的ですよね。サイズも小さいので取り回しが楽そうです。120mmはAF駆動音が大きいことが欠点でしたが、この100mmはどうでしょうか。ちなみに、私は120mmを持っているのですが、Mシステムにおいて75mmと90mmのアポ・ズミクロンを使い分けている体験から、フットワークでは対応しきれない焦点距離による使い勝手の違いを実感しているので、この100mmもぜひ入手したいところです。とはいえ購入するならCS付きバージョンにしたいので、当分は様子見ですが、とりあえず10月になったらライカショップに実物をチェックしに行く予定です。


ライカM EDITION 60

M型ライカの60周年を記念した600台のみの特別限定モデルで、これが驚いたことに背面液晶の無いデジタルカメラだそうです。背面液晶が無いかわりに背面にはISO設定ダイヤルが配されています。スペックは現行のライカM-P(Typ240)がベースで、撮影フォーマットはDNG(RAW)のみ、ホワイトバランスもオートのみで、ISO以外の設定項目は一切無しという、極めてストイックなカメラです。デザインはアウディとのコラボレーションだそうですが、好みが分かれそうですね。ボディサイズはプロモーション動画を見る限りベースとなる240系と同じようです。これでボディが薄型化されていれば魅力がグッと増したのですが、数量限定モデルでそこまでやると洒落にならない販売価格になってしまうんでしょうね。ちなみに、ボディと同色のズミルックス 35mm/f1.4とのセット販売で、価格は16,000€(224万円ぐらい)という噂です。


ライカX

ライカのAPS-Cコンパクト Xシリーズの最新機種で、ボディはライカXバリオをベースにレンズを単焦点に換装したようなモデルですね。レンズには新開発のライカ ズミルックス F1.7/23mm ASPH.(35mm判換算:35mm)が搭載されているので、X2よりもさらに浅い被写界深度の撮影が楽しめそうです。ちなみにXバリオ同様に拡大MFのフォーカシングエリアは移動できるので、(APS-Cとはいえ)これまでのどのライカカメラよりも快適にズミルックスの浅いピント面をコントロールできそうです。価格はヨドバシで見るとポイント還元分を差し引いて約27万5千円とXバリオの初値よりも安いですね。このカメラは売れそうです。

ちなみに、最短〜1.2mの近距離にピント面がある場合は絞り値に制約があるらしいです。これはAFでもMFでも同じで、最大F2.8まで自動的に絞り込まれるそうです。これは近距離ゆえの合焦精度や画質の甘さを補うためのサポート機能なのだと思いますが、設定でOFFにすることはもできず常時強制なのはちょっと余計なお世話感がありますね。


ライカX-E

Mに対するM-E、Sに対するS-Eの方程式からすると、このX-EはX2を少し格下げしたエコノミーモデルになるのかと思いましたが、ヨドバシでの価格が22万4千円でX2と同じぐらいなので、今一つこの商品の位置づけが不明瞭でしたが、どうやらAF性能の向上や、ISO感度のアップ(12500から12800へ)、手ブレ補正(レンズでもなく、センサーシフトでもなく、画像解析後のデジタル補正)等のバージョンアップが施されているようで、他の◯-E系の製品とは少し位置づけが違うようですね。ちなみに、用意されているカラーバリエーションがブロンズっぽいボディカラーにシルバーの貼り革という変わった仕様一択なので、私としては今一つ購買意欲が湧きませんが、Xがバリオ並に大きくなってしまったことを考えると、小型軽量のAPS-Cコンパクトを継続販売してくれることを素直に喜びたいですね。


箱根 大涌谷 - 撮影記 Leica M Monochrom



箱根 大涌谷 - 冠ヶ岳、噴煙地、箱根温泉供給地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 75mm & 90mm

久々にライカMモノクロームを持ちだして、箱根 大涌谷の光景を撮影してきました。朝5時に起きて身支度や機材の準備を済ませ、5時半に出発。ガソリンを入れて東名高速をひた走って7時半には現地に到着。駐車場が開くのは8時からですが、既に待っている車が何台もいたからか、係員さんのはからいで開場前に入場させてもらえたので、予定より早く撮影を開始することができました。

大涌谷はかつて「地獄谷」と呼ばれていたそうですが、眼前に広がる光景はその旧姓のイメージ通り殺伐としたもで、そこら中で聞こえる観光客の賑わう声とは対照的です。微動だにしない冠ヶ岳の山麓から絶え間なく昇る噴煙と、充満する硫黄の匂い。緊張感を孕んだ非日常的なその光景を厳粛に捉えるような心持ちでシャッターを切りました。

ちなみに、午後からは家族と出かける予定だったので、9時過ぎには撮影を終えて山道を下ったのですが、その頃には既に登りは大渋滞になっていました。駐車場が開いて1時間ちょっとでこの混雑ぶりですから、大涌谷に車で来る場合は朝一必着が得策のようですね。

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

箱根 大涌谷 - 冠ヶ岳 Leica M Monochrom


箱根 大涌谷 - 冠ヶ岳
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.


箱根 大涌谷
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

箱根 大涌谷 - 箱根ロープウェイ Leica M Monochrom


箱根 大涌谷 - 箱根ロープウェイ
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.

この写真は箱根ロープウェイの大涌谷駅から撮影しましたが、中央やや左の位置にセンサーについたゴミのような物が写っているのが見えます。Lightroomでの現像時に掃除しようと拡大してみたところ、これはゴミではなく高層ビル群だったようで、方向からして新宿か渋谷のようです。晴天で大気がクリアな冬の時期だともっとハッキリ見えるかもしれません。

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

箱根 大涌谷 - 箱根ロープウェイと箱根温泉供給地 Leica M Monochrom

箱根 大涌谷 - 箱根ロープウェイと箱根温泉供給地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 75mm f/2 ASPH.

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

箱根 大涌谷 - 箱根温泉供給地 Leica M Monochrom


箱根 大涌谷 - 箱根温泉供給地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 75mm f/2 ASPH.


箱根 大涌谷 - 箱根温泉供給地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 75mm f/2 ASPH.


箱根 大涌谷 - 箱根温泉供給地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 75mm f/2 ASPH.

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

箱根 大涌谷 - 噴煙地 Leica M Monochrom


箱根 大涌谷 - 噴煙地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.


箱根 大涌谷 - 噴煙地
Leica M Monochrom; APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

FUJIFILM X100T 劇的に進化したアドバンスト・ハイブリッドビューファインダー


2014年11月に発売予定のX100Tに搭載される新型のハイブリッドビューファインダーは興味深いですね。既存XシリーズのOVFはどこかギクシャクしていて集中力が削がれる使用感でしたが、今回のバージョンアップでそのウィークポイントは払拭されそうです。特に「電子式レンジファインダー」という新機軸が関心したもので、OVFの右下にピント調整専用のミニEVFを表示して、拡大、ピーキング、スプリットからMFアシストを選べて、ピント調節エリアも移動できて、ブライトフレームの視差もリアルタイムで補正してくれるとなれば、これはある意味でライカのレンジファインダーを超えてます。

二重像合致式のフォーカシング測距枠(中央一点)を用いたM型ライカのマニュアルフォーカスは、シンプルで素早いピント調節が可能な反面、撮影者に一定水準のスキルを要求するような性質がありますが、X100Tの電子式レンジファインダーは、ピントエリアの移動やミニEVFと構図全体との頻繁な視線移動など、ピント調節にまつわる手続きは多くなるものの、撮影者のスキルによらずどんなシチュエーションでも快適にブライトフレームファインダーでの撮影が楽しめそうです。特に近接撮影時のピントコントロールは完全にライカを超えると思うので、実際に手にするのが楽しみですね。

ただ、センサーやレンズが据え置きで、画質が全く進歩していないのは残念です。そろそろ画質も一皮むけてほしいところですが、それはX-Pro2までお預けということでしょうかね。富士フィルムのAPS-Cセンサーは登場から今までの進歩がえらく鈍足なので、次のバージョンアップでは今回のファインダーのような劇的な進化を期待します。

FUJIFILM X100T 関連製品


FUJIFILM X100シリーズの関連記事