フォトメンテナンス・ヤスダ、そしてライカ銀座へ2

>前回のエントリーの続き
フォトメンテナンス・ヤスダさんにアポズミ75mmを預けた後、一旦家に帰ってからボディ2台、レンズ5本を持ってライカ銀座へ。午後3時少し前に到着するとショップには人がおらず、カスタマーサポートには1人先客がいました。先客の用事はすぐ済んだようなので早速相談開始。まず、手持ちの機材それぞれの自己分析を伝える、

M240  → 距離計が少し縦ズレしてる
MM  → 50/75のブライトフレームに異常がある
50mm → ピントリングが明らかに軽い
28mm → 50mmよりはマシだがピントリングが軽い
90mm → 50mmよりはマシだがピントリングが軽い
21mm → 正常
35mm → 正常

ライカ銀座のマイスターはとても真摯に話を聞いてくださる方で、ボディについてはすぐ症状を確認して頂き、Mモノクロームは約3週間の入院、M240の方はちょっと前から気になっていたセンサーダストのクリーニングも含めてすぐ対応して頂けることに。レンズについては正常な35mmと21mmの感触を基準にトルク不足の説明をした所、50mmの軽さについては少し共感頂けたものの、90mと28mの方は「今のライカのレンズはこれぐらいのトルクが標準で、むしろ35mm、21mmの方が硬いぐらいかもしれません」というお話でした。ただ、むげに断わられたわけではなく、保証でグリス交換の対応ができるか否かの判断に30分ほどお時間を下さいとのお話を頂いたのですが、私の方が4時には渋谷にいなければいけない用事があったので、とりあえず保証書をコピーして頂き、正常な35mmと21mm以外を全部預けて明日また行くことにしました。

続きはまた次のエントリー