APO-SUMMICRON-M f2/75mm ASPH.を入手|外観完璧、光学好調、ヘリコイド△

念願だったAPO-SUMMICRON-M f2/75mm ASPH.を30%OFFの中古価格で入手しました。オークション購入だったのである程度のリスクは覚悟しなければいけませんが、このレンズはまだ殆ど中古で出回っていないので、このチャンスは逃すまいと思い決断いたしました。本日届いた製品を早速チェックしたところ、まず外観は完璧でかすり傷1つ見当たらない状態。光学系も素晴らしく、曇りやカビはもちろん塵や埃の混入も見当たりません。ピントもちゃんとくるしガタもきていない。肝心の試写も満足できる結果でしたが、1点だけ残念なことにヘリコイドの動きに少し違和感がありました。まず全体的にトルクが軽くドライなフィーリングであることと、無限遠から最短側に回す際、3m辺りから最短までの回転域に微妙ながらも不快な抵抗感があり、少しザラつきも感じます。トルクが一定ではなくスムースさに欠けるこの感触は、私が高性能レンズに求めるそれとは違うものです。

アポズミ75mmは現行製品とはいえ2006年発売ですから、仮に発売当初に購入されてメンテナンスを1回もしていなければ、大切に扱われていたとしてもヘリコイドのグリスが劣化してもおかしくないよなぁ、なんてことを考えつつ、思い立ったが吉日ということでライカ銀座のカスタマーサポートに問い合わせをしてみたところ、グリス交換費用が4~5万円で約1ヵ月の時間がかかるとのこと。

それじゃあお金と時間がかかり過ぎるよということで、前から気になっていた日暮里にあるフォトメンテナンス・ヤスダさんに相談してみようと思ったのですが、なんと水曜・木曜が定休日で、本日はおろか明日もお休み。短気めな私の性格をしてこの件は早急に進捗させねば気が済まぬと他のメンテナンスショップを検索してみるものの、やっぱりヤスダさんが一番しっくりくる(古臭いつくりのHPなのになんか安心感が漂っている)ので、一旦この件は忘れて、早ければ金曜日、遅くとも土曜日には相談してみようと思っています。ちなみに、HPにある価格表によるとヘリコイドのグリス交換は8千円~ということですが、アポズミ75mmはいくらになるんでしょうね?というかASPHレンズは対応してくれないメンテナンスショップもあるようなのでどうなることやら・・・結果が出たらまた報告したいと思います。

いづれにしても、7月にライカMを購入してから早4ヵ月、ライカM Type 240、ライカMモノクロームのボディに、VMの15mm、純正の90mm、50mm、35mm、28mm、21mmに加えたこの75mmのレンズ購入で私のライカMシステムは一旦の完成をみた気がします。これからはこれまで以上にバリバリと写真撮るつもりです。

>話の続きはこちら