広場|Leica M Type 240

Leica M (Type240); APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type240); APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type240); ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type240); ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type240); ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type240); ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type240); ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.
©All rights reserved.

千鳥町 Leica M Type 240 〜撮影記〜

非日常的な光景を求めて、ライカM(Type 240)を手に神奈川県は川崎にある千鳥町へ行ってきました。この場所にはスチームパンク感の漂う工場群や貨物専用線等がありマニアックな好事家たちの聖地として有名です。一方、夜景の撮影スポットとしても有名でネットには写真が多数あがっていますが、内容はビカビカな長秒露光やHDRが大半なので、私はモノクロで撮影することにしました。




Leica M (Type 240)
SUPER-ELMAR-M 21mm f/3.5 ASPH.
ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.
SUMMILUX-M 35mm f/1.4 ASPH.
SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.

工場地帯 50mm|Leica M Type 240

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.
f16 1/350sec iso200 LR5

工場地帯 35mm|Leica M Type 240

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f13 1/250sec iso200 LR5

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f16 1/125sec iso200 LR5

工場地帯 28mm|Leica M Type 240

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
f22 1/30sec iso250 LR5

工場地帯 90mm|Leica M Type 240

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f13 1/250sec iso200 LR5

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f13 1/350sec iso200 LR5

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f16 1/125sec iso200 LR5

廃棄場|Leica M Type 240

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); SUPER-ELMAR-M 21mm f/3.4 ASPH.
f16 1/45sec iso200 LR5

幾何学模様|Leica M Type 240

Chidori-cho, Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type240); APO-SUMMICRON-M 90mm f/2 ASPH.
f16 1/125sec iso500 LR5

対岸|Leica M Type 240

Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f13 1/250sec iso200 LR5

散歩|Leica M Type 240

Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/ 90mm ASPH.
f13 1/180sec iso200 LR5

鳥|Leica M Type 240

Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f13 1/750sec iso200 LR5

駐車場|Leica M Type 240

Kawasaki, Japan; 26.08.2013
Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
f11 1/180sec iso200 LR5

千鳥町北端、海辺で釣りをする人

千鳥町。北端の海辺で釣りをする人。
Leica M Monochrom; SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.
©All rights reserved.

千鳥町最北端で釣りをする人々

千鳥町最北端。トレーナーのフードを深く被って釣りをする男性。
Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

千鳥町最北端。何本もの釣り竿をさして獲物を待つ男性。
Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

千鳥町北端、積み上げられた黒いドラム缶

千鳥町北端。積み上げられた黒いドラム缶。
Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

ヒュプノス|Leica M Type 240

Abstract 130824|M #2|Leica M 240 + APO-SUMMICRON 90mm Setagaya Park, Tokyo , Japan; 24.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f11 1/125sec iso1250 LR5

曇空|Leica M Type 240

Setagaya Park, Tokyo, Japan; 24.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f6.8 1/4000sec iso200 LR5

噴水|Leica M Type 240

Daily Snap - Monochrome #25
Leica M (Type 240) + ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.

28m、50mm、90mmの3つの焦点距離で撮影したところ、一番撮影枚数の少ない28mmのバランスが一番気に入った。噴水が吹き上がるタイミングで運良く子供連れの夫婦が良い位置に通りがかってくれた。もう少し空を入れればなお良かった。

首都高速|Leica M Type 240

Daily Snap - Monochrome #24
Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.

ビル|Leica M Type 240

Komazawa, Route 246, Tokyo, Japan; 24.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.
f11 1/750sec iso200 LR5

シャンデリア|Leica M Type 240

Daily Snap - Monochrome #22
Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.

X = IIIIIIIIIII|Leica M Type 240

Komazawa, Tokyo, Japan; 24.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.
f8 1/60sec iso200 LR5

十|Leica M Type 240

Yokohama, Japan; 19.08.2013
Leica M (Type 240); APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.
f5.6 1/450sec iso200 LR5

垣根|Leica M Type 240


Somewhere in Meguro, Japan; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f16 1/30sec iso200 LR5

横断歩道|Leica M Type 240

Somewhere in Meguro, Japan; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f11 1/750sec iso500 LR5

解放|Leica M Type 240

Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f4.8 1/125sec iso200 LR5

散歩|Leica M Type 240

Daily Snap Monochrome 130819|Leica M 240 + SUMMILUX 35mm Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f9.5 1/125sec iso200 LR5

Daily Snap Monochrome 130819|Leica M 240 + SUMMILUX 35mm Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f13 1/90sec iso200 LR5

Daily Snap Monochrome 130819|Leica M 240 + SUMMILUX 35mm Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f16 1/90sec iso200 LR5

Daily Snap Monochrome 130819|Leica M 240 + SUMMILUX 35mm Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f4.8 1/125sec iso200 LR5

Daily Snap Monochrome 130819|Leica M 240 + SUMMILUX 35mm Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f5.6 1/2000sec iso200 LR5

Daily Snap Monochrome 130819|Leica M 240 + SUMMILUX 35mm Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f16 1/125sec iso200 LR5

Grandma is still alive|Leica M Type 240

Somewhere in Tokyo; 19.08.2013
Leica M (Type 240); SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.
f16 1/30sec iso320 LR5

横断歩道|Leica M Type 240

Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
©All rights reserved.

Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
©All rights reserved.

家路|Leica M Type 240

Somewhere in Tokyo; 17.08.2013
Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
f13 1/250sec iso200 LR5

Somewhere in Tokyo; 17.08.2013
Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
f8 1/250sec iso200 LR5

Somewhere in Tokyo; 17.08.2013
Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
f19 1/250sec iso200 LR5

壺|Leica M Type 240

Somewhere in Tokyo; 17.08.2013
Leica M (Type 240); ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
f2.8 1/30sec iso500 LR5

ロビー|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.

すじ雲|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

千鳥町北端、ドラム缶の上に捨てられた金属キャップ

千鳥町北端。ドラム缶の上に捨てられた金属キャップ。
Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.
©All rights reserved.

ライカMモノクロームは素晴らしいフィーリング


Leica M Monochrom; SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.

ライカMモノクロームを入手したので早速撮影に行ってきました。このエントリーではこのカメラに対するファーストインプレッションを語ってみたいと思います。

デザイン

モノクロ撮影専用という禁欲的なコンセプトを体現するデザインです。掌によく馴染むM型ライカの伝統的フォルムを継承しつつ、ロゴ無し艶無しのステルス仕様で仕上げた真っ黒なボディがストイックな雰囲気を醸し出しています。正直、ブラッククロームよりもブラックペイントの方が好きなのですが、硬派を気取りたいのでその辺はあまり口にしないようにしています。

ハンドリング

とても軽快です。ライカM(Typ240)と比較すると、MモノクロームにはM240にあるようなサムレストが無いものの重量は軽いので、体感的にはMモノクロームの方が扱いやすいです。スペック表によればMモノクロームの重量はバッテリー込みで600g。一方のM240は680gとなっていますが、こちらには「バッテリー含む」の注釈が入っていません。実感として80gの差とは思えないほど重く感じるのでスペック表の数値はバッテリー抜きの重量だと思います。

フレームセレクター

現行モデルでフレームセレクターレバーがついているのはこのMモノクロームだけですが、コレは優れ物です。「画角の感覚が身につけば必要ない」という理由ではずされたのだと思うのですが、私はそこまで自信がないので非常に助かっています。この機能があればレンズの選択ミスによってシャッターチャンスを逃す確率が下がるので、今後の機種では復活することを切に願います。

操作感

絞りリングとシャッタースピードダイヤルで気持ち良く露出をコントロールして、距離計で素早くピントをあわせ、パララックス補正付きのブライトフレームで構図を決める。M型ライカのマニュアル撮影の心地良さはいわずもがな、Mモノクロームも御多分にもれず素晴らしいです。

背面モニター

低画素の背面モニターの使い勝手は懸念していた通りで、メニューの見かけはロシア製ガイガーカウンターの日本語版インターフェースのようだし、シビアなピントチェックでは信頼性に欠けますが、レイアウトチェックには必要十分…というのは強がりで、やっぱり23万ドットではジャギーが酷いです。最低でも46万ドットは欲しかった。

シャッターフィーリング

ライカM(Typ240)と違ってチャージ音が長めで少し大きいですが、耳触りが良く、押し心地も小気味良いです。ただ、半押し→AEロック→全押しと3段階あるシャッターボタンの機構にどういうメリットがあるのかよくわかりません。

ソフトウェア

発売から1年以上が経過しているからでしょうか?ソフトウェアが熟れている印象です。特に連続レリーズ時のフリーズ耐性がM240より明らかに優れてます。M240で同じ使い方をすると高確率でフリーズするような場面でもMモノクロームなら大丈夫。バッファフルでインジケーターランプが点滅し続けてもきちんと書き込みを終えてスタンバイ状態に戻ってくれます。

画質

まだMモノクロームのポテンシャルを引き出せた気は全くしていませんので、引き続き確かめていきますが、低画素の背面モニターで見ても「ハッ」とする画の力強さを感じます。ファーストインプレッションは実に素晴らしいです。切れ味と滑らかさが同居する美しい描写に感動しました。

Photography by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.


グラフィティアート a.k.a 落書き|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

晴海埠頭 - カモメ|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

カモメ - オブジェ|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

晴海埠頭|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

東京モノレール|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.

DSC-RX1R vs Leica M (Type 240) + SUMMILUX 35mm 実写比較

DSC-RX1Rを発売日に購入し、その後注文していたライカMが到着。35mmはRX1Rに任せてライカの35mmレンズは買うまいと考えていました。でも、結局のところSUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.を買ってしまい、少しばかりの罪悪感に苛まれていたので、自分的に「どっちがどーなの?」という答えを出すべく2台を持ちだして撮り比べをしてみました。設定は絞り優先AE+ISOオートで、すべてF11で撮影しました。Lightroomによる補正もかけていますが、両機とも同じパラメータを同じ値だけいじってます。というゆるい比較なので正確性に欠けるかもしれませんが、何かの参考なれば幸ということで画像アップします。

RX1RとライカM(Type 240)は両機ともローパスフィルターレス、約2400万画素のCMOSセンサーで(※RX1Rは2470万なのでちょっとだけ多画素ですが)ほぼ互角のスペックです。レンズについてもライカとカールツァイスそれぞれが入魂して開発したレンズということで、描写についてはほぼ互角という印象。描写力において価格の差を考えると、RX1Rのコストパフォーマンスが圧倒的に優れていることがわかります。

ちなみに上の車の写真はヘッドライトにピントをあわせましたが、RX1Rの方が若干シャープに撮れたように見えます。ただ、これはフォーカスの精度の問題かもしれません。AFが快適に作動する十分な光量下の中で、RX1Rはフレキシブルスポットで広範囲に配置された測距フレームを自由に選択できますが、ライカMは光学ファインダーの測距窓、LCD、EVFいづれもフレーム中央でしかピント調整できないためコサイン誤差の影響を受けている印象です。F11と被写界深度が深いためインフォーカスではありつつも、最も鮮烈に像を結像するポイントからは外れてしまっているような感触があります。

このビルの写真はフォーカスリングを無限望に合わせて撮影しましたが、全く互角に見えます。中央のハイライトから暗く沈む周辺までのグラデーション描写も同じような傾向で、両機ともに重厚感の漂う描写をしてます。

この川辺の写真、等倍でお見せできないのが恐縮なのですが、等倍で見るとRX1Rの方が明らかにシャープです。打ち捨てられたコンクリートの凸凹の鮮明度がかなり違いました。ライカの方は手振れでもしたのかな。

この船の写真もRX1Rの方がシャープに見えました。つまり、ここまで比較してきてわかってきたのは「RX1Rの方がシャープである」ということです。AFの有無やピント調整方法の差、手振れ、私の撮影能力などが影響して像をボヤかした可能性は否定できませんが、いづれにせよ気軽にシャープな描写を得るにはRX1Rの方が簡単なようです。

ただ、今回のような性能比較を目的とした撮影では、ゆっくり構えて撮影できる逃げない被写体しか対象にならず、結果的に解像力が主な価値判断の基準になってしまいますが(=逃げない対象しか撮影しないのならばコストパフォーマンス的にもRX1Rに決定ですが)、止めどなく流れる時間の中の瞬間を切り撮る能力に関してはライカの方が圧倒的に優れていますので、一概にRX1Rの方が上等なカメラだとは言えません。

で、最初の問題。35mmの交換レンズは買わないつもりだったのに買っちゃった件どうするの?については、逃げない被写体、例えば旅先での家族写真や、スナップなどは(小型・軽量なメリットも含めて)RX1Rを使い、人の動きや光の有り様といった瞬間のドラマ性を写し撮りたい時はライカを使うことになりそうです。

その他のオススメ記事



祐天寺付近|Leica M + SF 24D + SUMMILUX

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.5/50mm ASPH. / SF 24D

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.5/50mm ASPH. / SF 24D

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.5/50mm ASPH. / SF 24D

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.5/50mm ASPH. / SF 24D

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.5/50mm ASPH. / SF 24D

Leica M (Type 240) + SUMMILUX-M f1.5/50mm ASPH. / SF 24D

LEICA M + LEICA ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.

ライカの製品は7月の値上げでどの製品も普通に4〜5万円、物によっては10万円以上も値上がりしたので、前の値段の記憶がある内は買うのを躊躇してしまいますが、現行の「ELMARIT-M 28mm f/2.8 ASPH.」に良い出物があったので購入しました。ライカのレンズラインナップの中で最もコンパクトなレンズなので今後の活躍に期待大です。ライカ導入時に35mmと21mmを購入していたので、広角域はこれで一通り揃いました。これにアポ・ズミクロン 75mmが加われば私のライカMシステムは一定の完成を迎えます。ただ、アポ・ズミクロン 50mmを注文しているので、本当の完成はだいぶ先になりそうです。

ちなみに、このライカM(Type 240)+ エルマリート f2.8/28mmの写真はソニーのDSC-RX1Rで撮影しました。RX1Rは買って早々にSUMMILUX f1.4/35mm ASPH.を買ってしまったために出番が少ないのですが、このカメラはやっぱり良く映りますね。シッカリしたM型ボディの質感がすごくよく出てます。次の週末はRX1Rを外に連れ出して写真を撮りたいという意欲が湧いて来ました。



自然教育園|Leica M Type 240

Leica M (Type 240) + SUPER-ELMAR-M 21mm f/3.4 ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + APO-SUMMICRON-M f2/90mm ASPH.

Leica M (Type 240) + SUPER-ELMAR-M 21mm f/3.4 ASPH.