FUJIFILM X100S vs SONY RX1 徹底比較レビュー

X100S vs RX1 デザイン

ライカM3へオマージュを捧げるX100Sの懐古趣味的なデザインに対して、RX1はソニーらしさ溢れるシンプルさ追及型のデザインですね。方向性が異なるので一概に優劣をつけるのは難しいところです。私はどちらも好きですが、ことボディの質感に関してはRX1の方が上等な印象を受けました。

X100S vs RX1 ホールド性

RX1はレンズが大きいので、フロントヘビーなイメージを抱いてましたが、どっこいそんなことは無く、むしろボディの方が重いので重心は捉えやすいです。その重心の捉えやすさと鏡筒の長さのおかげで、一眼レフのようなスタンスでホールドすることが可能です。横幅がタイトなので右手と左手が干渉しますが、いっそ開き直って、左手はレンズとボディのみならずグリップしてる右手ごと下から包み支えるように構えれば問題ありません。

一方のX100Sはレンズが短いのでそういう構え方はしづらいですが、RX1よりも軽いので握力任せにホールドしてもさほど苦になりません。両機ともに一長一短あり、簡単にまとめると「どっちもホールド性が良いとは言えないが、騒ぐ程のことではない」という印象です。ちなみに外付けグリップを探してみましたが、どうも「これだ!」というのが無いですね。もし買うならReally Right Stuffの製品が良さそうです。DSC-RX1用X100S用(※海外通販しかないですが)

X100S vs RX1 操作性

両機とも撮影が楽しいカメラですが、操作感はRX1の方が好印象です。まず物理的にピントリングや絞りリングの幅が太いので操作しやすいですし、ピントリングの程良いトルクとスムーズな感触、絞りリングの小気味良いクリック感など、官能性が高いです。なによりマニュアルフォーカスがやりやすい。例えば、両機ともAFでザックリとピントをあわせてからエリアを拡大してMF操作をすることができますが、以下の手順のようにRX1の方が手数が少ないです。

▼X100S MFモード 4工程
AF・AEロックでAF > コマンドレバー(エリア拡大) > ピントリングでMF > シャッター全押し

▼RX1 DMFモード 3工程
シャッター半押しでAF > ピントリングでMF > シャッター全押し ※エリア拡大は自動

しかも、操作する場所はX100Sの4カ所(AE・AFロックとコマンドレバー、ピントリング、シャッター)に対して、RX1は2カ所(シャッターとピントリング)だけ。シャッターを切る前にチャカチャカと親指を動かさなくてよいので構図もとりやすく、明らかにRX1の方が楽ちんです。訂正:X100SにはMFフォーカスチェックという項目が新設されており、これをONにすると、フォーカスリングを回すと同時に自動的にエリアが拡大されるようになってました。

また、好みの機能をアサインできるボタンの数が全然違います。RX1はCキー、AELキー、左・右・下キーと5つもあります。対してX100SはFnキーの1つだけ。あらゆる機能が親指だけで完結できるRX1の方がやはり使い勝手が良いです。RX1に文句をつけるとすれば、フォーカスモードの切り替えレバーで、これが硬い上に動かしづらい形状をしています。あと電源も硬いですね。誤操作防止だとしてもやり過ぎ。ここまで使い勝手をわるくする必要はありません。

ちなみにX100Sが優位な点は独立したシャッタースピードダイヤルですよね。RX1のコントロールダイヤルによる操作でも問題は無いですが、いつでも天面をみれば設定が確認でき、電源が入っていなくても変更できるというのは想像以上にメリットがあるものです。

X100S vs RX1 ファインダー

これはX100Sの圧勝、というかRX1はファインダーがありません。X100SにはOVF(光学ファインダー)とEVF(電子ビューファインダー)をフレキシブルに切り替えられるハイブリッドビューファインダーという素晴らしい機能が装備されています。OVFはブライトフレームがシャッター半押し状態でしかパララックス補正してくれないのが玉にキズですが(MF時にはフォーカスに連動して動いてほしい)、スカッとクリアで気持よい見え具合です。EVFも高精細で心地良いです。

一方のRX1にも別売りで外付け可能なEVF(FDA-EV1MK)がありますが、これがまた素晴らしいデキです。ファインダー倍率0.71倍、235万ドットの0.5型有機ELパネルはとても大きくクリアで、スッキリ見やすいです。EVFだけに限ればFDA-EV1MKの方が良いです。見た目はちょっとカッコわるくなりますが、私は購入しました。ちなみにアイカップは大小2つのサイズが付属していて、小さい方を装着しています。

X100S vs RX1 シャッター

両機ともにレンズシャッターなので、振動は極めて少なく、音も静か(電子音はOFFにするのが乙です)。これらの特性はシャッター音に刺激を求める方には物足りないでしょうが、私はとても気に入りました。振動が少ないことはブレ防止に繋がりますし、音が静かなのは周りに迷惑を掛ける心配が少ないので助かります。ちなみにスペック表にはきちんと表記されていませんがシャッタースピードは絞りに応じて可変で、それぞれ以下のような仕様になっています。

▼FUJIFILM X100S
F2~F2.8は1/1000秒、F4~F5.6は1/2000秒、F8以上は1/4000秒

▼DSC-RX1
F2〜F3.5は1/2000秒、F4〜F5は1/3200秒、F5.6以上は1/4000秒

このように書くとRX1の方が勝っているように見えますが、X100SにはNDフィルターが内蔵されており、任意で使用できるという優位性があり、甲乙つけ難いです。

X100S vs RX1 AF

断然X100Sの方が良いです。精度もスピードもX100Sが上です。レスポンスの良いAFでサクサク撮りたい人にはX100Sです。もし同じ焦点距離のX100Sを追加購入するとしたら、このテンポ感が大きい理由になりますね。一方、RX1の方は精度はともかく鈍足ですね。XF60mm F2.4 R並に遅い。だからAFが迷った場合は、まず被写体の近くにあってかつセンサーが捉えやすい物体にのDMFモードのAFでおおまかに合わせ、その後MFで調整するといったテクニックが必要になってきます。前述の通りRX1はマニュアル操作が気持ちイイので、そういう操作をしていると自然とカメラとの対話モードに突入します。この機械との対話がなかなかロマンチックで心地良い気分なので、遅いAFも許せてしまう自分がいます。

X100S vs RX1 画質

サンプル画像を見る限りでは、やはりフルサイズセンサーの懐の深さとカールツァイス「ゾナーT*」レンズの切れ味が組み合わさったRX1の方が上ですね。X100Sに搭載されたフジノンレンズのF2〜F2.8のソフトさと鮮明感が同居する個性的な描写や、F4以降のキリッとした描写も大好きですが、万人受けするのはRX1でしょう。開放から切れ味抜群で、解像感を求めて絞る必要がありません。もちろん高感度にも強いし、ボケも大きく美しい。フルサイズとAPS-C、撮像素子サイズの差は少なくありません。X100Sの開放付近の個性が好きな人でなければ、RX1を選んだ方が幸せになる人が多いはずです。

X100S vs RX1 拡張性

RX1のシューにラジオスレーブ送受信機(YONGNUO RF-603)をつけてキヤノンのスピードライトをマニュアル発光させたいのですが、RX1のマルチインターフェースシューでは動作しませんでした。ソニーのカメラはこれまで独自規格のオートロックアクセサリーシューでしたが、α99以降の機種からISO規格のシューに変更になり、これからは汎用的に使えるもののと思っていたのでガッカリです。

ソニー純正のストロボを買い足す気にはなれないので、「マルチインターフェースシュー > オートロックアクセサリーシュー > 汎用ホットシュー」という順序で変換するアダプターを購入してみました(金額は合計5〜6千円ぐらい)。その実験結果はまた後日のエントリーでお知らせします。ちなみにX100Sでラジオスレーブの実験はしてませんが、X-E1では大丈夫なのでおそらく問題なく使えるはずです。

ということで毎度のように長々書いてしまいましたが、ようは「色々考えてRX1買いました」ってのをアピールしたかったっぽいです(笑)次回は、外に連れ出して撮ってきた写真を公開したいと思います。

SONY DSC-RX1, RX1R 関連製品


FUJIFILM X100T 関連製品


FUJIFILM X100シリーズの関連記事