Canon EOS Kiss X7 レビュー

仕事帰りにコジマに寄って、4/24に発売されたばかりのデジタル一眼レフカメラ、Canon EOS Kiss X7を触ってきました。短時間のチェックでしたが、購買意欲が刺激されまくったので、勢い余りぎみにファーストインプレッションを語ってみたいと思います。

Kiss X7のボディサイズ

キヤノンが世界最小・最軽量と自慢するボディがどれだけのものか?ハードルを上げて触りましたが、本体重量370gのEOS Kiss X7は本当に軽かったです。素晴らしい軽さですね。しかし、ここまでボディが小さいとレンズとのバランスが心配になってきますよね。上の写真はこれまた発売されたばかりのEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMとの組み合わせですが、このレンズの場合、重量が205gと軽いのでバランスが良く、構え心地もなかなか良かったです。

さらに、横にあった望遠のEF-S55-250mm F4-5.6 IS II(390g)との組み合わせでもそうわるくなかったので、広角のEF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(385g)とかも大丈夫でしょう。X7の属するKissシリーズのメインターゲットのユーザは、おそらく軽量なEF-Sズームレンズの使用が主でしょうから、実用上のバランスに問題は少なそうです。

一方、普段私が使ってる重量級の大口径レンズでは、フロントヘビーなバランスになってしまい使いにくそうです。といっても、このカメラに大仰なレンズをつける好事家連中はテクニックでカバーするだろうし、軽さというのは撮影時に限らず運搬時にも多大な恩恵があるので、やっぱこのカメラは魅力的ですね。ちなみに、近くにあった6Dに付いていたEF24-105mmもつけてみようと試みましたが、盗難防止のワイヤーが短くて装着できませんでした(笑)

Kiss X7のホールド性

私の手は、手首の付け根から中指先端までの長さが約20cm、手の平の幅が約9.5cmの大きさですが、ホールド感は良好でした。とても小さいボディなので、右手は薬指から遊び始めちゃう感じですが、薬指と小指はグリップの下部から底面にかけて斜めに這わせるように握れるような工夫がされています。横から見るとわかるのですが、グリップ下部の形状が垂直に降りておらず、内側に向かって緩やかな傾斜を描いていおり、そのカーブをなぞるように薬指と小指を収めていくとしっかりホールドできます。

ちなみに6Dでは、私の場合小指が遊んじゃいますが、グリップ下部の形状が垂直なので、小指は底面の角に引っ掛けてホールドするような感じなり、これはこれで良好なホールド感でしたが、X7はそれとは別種の感覚です。

Kiss X7のファインダー

普段使っているファインダー倍率約0.76倍の1D Xや約0.71倍の6Dと比べてしまうと、X7の倍率約0.54倍(※35mm換算)のファインダーは狭く感じますが、見え方については至って良好。スッキリしていて見やすいです。というか私はLUMIX DMC-FZ200やiVIS HF G10といった、もっと狭いファインダーのカメラも見慣れているので、むしろ「いいじゃん!」って感じです。視野率については95%なので、ファインダー撮影ではフレームに余計なモノが入り込みやすそうです。97~98%なら「トリミングすればいいじゃん?」で済みますが、95%だとどうでしょうかね?精密なフレーミングが要求される撮影の場合はライブビューの方が無難そうです。今回ペンタダハーミラーのファインダーを初めて真面目に覗きましたが、そんなにわるくないものですね。

Kiss X7のシャッター

EOS Kiss X7で一番気に入ったのはシャッターフィーリングです。X7に先立って発売されたX7i(まぎらわしいけど末尾に「i」がついてます)のシャッターユニットは、おそらくX6iからのキャリーオーバーですが、このX7には小型化のために新しく開発された新型シャッターユニットが搭載されており、X7iやX6iのものとは印象が大分違います。小型化=高密度化の影響なのか、音や手応えにもギュッと締まった密度感があり、パチリと撮れる感触がなかなか小気味良いです。ちなみに、静音モードの静粛性はそこまで高くないですね。6Dの優秀な静音モードが基準になっているので辛口評価ですが、さして静かになった気がしませんでした。

Kiss X7の操作性

サブ電子ダイヤルや機能ボタン、マルチコントローラー、右肩の液晶など、中級以上の機種に装備されている操作系から色々と省略されている分、それ相応に操作性は低いです。もっと言うと、既存のKissシリーズで十字キーに割り当てられていたWBやAF動作選択、ピクチャースタイル等までもがカットされているので、マニュアル操作の操作性はEOSシリーズ中、最低じゃないでしょうか。

ただ、このカメラは一眼レフ初心者向けの安価なエントリー機です。広告展開を見ても明らかなように、メインターゲットは子供を綺麗に撮りたいママ達ですよね。そんなママ達からすれば、ゴチャゴチャした機能は全部無くして、そのぶん安くして、ボディは軽くて、小さくて、全部カメラ任せで綺麗に撮れるカメラがほしいでしょうから、そういう狙いでつくられたと考えれば、この操作性は納得的です。

Kiss X7のハイブリッド CMOS AF II

ライブビューの動画撮影でハイブリッド CMOS AF IIの実力を試したかったのですが、平日夜の店内に激しく動きまわる対象(子供とかw)はおらず、盗難防止のワイヤーが短すぎたこともあって、全く試すことができませんでした。

という感じが今日のところの印象で、このEOS Kiss X7。私、かなり欲しくなっております。

Canon EOS Kiss X7 関連商品


その他のキャノン関連記事