Portrait 121029|EOS-1D X + 85mm F1.2L II

Canon EOS-1D X+EF85mm F1.2L II USM F2 1/200 100
Canon EOS-1D X+EF85mm F1.2L II USM F2 1/250 100
Canon EOS-1D X+EF85mm F1.2L II USM F2 1/160 100
Canon EOS-1D X+EF85mm F1.2L II USM F2 1/160 100
Canon EOS-1D X+EF85mm F1.2L II USM F2 1/200 100
あと少しで生後9カ月。これまで病気一つすることなく成長し、いつもニコニコ笑顔でいてくれて、本当に親孝行な娘です。ちなみにこの写真は朝の離乳食を食べた後、ベッドでお座りして遊んでる時の様子です。本当はベッドの上を片付けたかったのですが(背景がごちゃごちゃ)、ママにあやされてとても可愛く笑っていた瞬間を撮り逃さないように、そのままEF85mmで撮影しました。(撮影機材:Canon EOS-1D X+EF85mm F1.2L II USM)

富士フィルム Xシリーズ X-E1 - FUJIFILM X Series X-E1

実は2012年11月17日に発売される富士フィルムXシリーズのミラーレス一眼カメラ「X-E1」のズームレンズキットを予約しています。普段、重量級のEOS-1D X+大口径レンズ(重量2~3kg)を使っているので、ボディ+レンズで約660gの軽量感はとても魅力的です。しかも、前から欲しかったXシリーズ最上位機種「X-Pro1」と同じローパスフィルターレスの16M X-Trans CMOSセンサーの高画質はそのままに、X-Pro1で不要と感じていた光学式ファインダーを省略しダウンサイジングを実現。かわりに電子ビューファインダーを約236万ドットの有機ELパネルにパワーアップ。この内容で値段がリーズナブルときたもんだから、もう買わない理由がありませんでした。もうすぐ10月も終わりやっと販売月になりますが、どうにも待ちきれず、何かにつけてプロモーション動画や海外のハンズオンレビュー動画を見る日々を送っています。今後スナップ撮影はX-E1を主力にする予定なので手元に来るのが待ち遠しいです。

富士フィルム公式ページ:X Series FUJIFILM X-E1

これは富士フィルムのX-E1ページにある公式プロモーション動画です。映像は半袖の白Tシャツにベージュのチノパン履いた兄ちゃんがカメラを手に取るところから始まりますが、その後に続く音楽や映像の雰囲気とミスマッチでちょっと「あれっ!?」ってなります。最後のキャッチコピーの所に入る効果音も「んっ!?」っていう懐かしい音で、全体的にカッコつけてるけどカッコついてない感じが逆に好きです(笑)という話はさておき、映像の途中でレンズの絞りリングが回るシーンがありますが、カチカチ鳴る音が心地よく、操作のクリック感もとても良さそうで期待が高まりますね。X-E1の露出操作は普段使ってるEOSの一眼レフとはかなり違いますが、軍幹部のダイヤルとレンズのリングを駆使するアナログな操作系は渋くて良いです。

もうこの映像は何回見たでしょうか。パリの人々に降り注ぐ光を抒情的に写し撮るピンカソフさんの姿、言葉の一つ一つ、見ていてとても気持ちの良い動画です。音楽もとても良いですね。X-E1への期待が膨らむプロモーション映像です。

この動画は写真家の高橋俊充さんがモロッコに行ってスナップ撮影をする内容で、途中何回もシャッター音を聞くことができますが、これがまたホント気持ち良い音ですね。かなり好みです。X-E1の到着に先駆けてかっこいいソフトレリーズボタンを買ったので、はやくねじ込んでシャッターをきりたいです。

カメラ雑誌「CAPA」の取材班がドイツ、ケルンで開催された「フォトキナ2012」のFUJIFILMブースにあるX-E1を取材する様子です。とても短い映像ですが、ポップアップフラッシュを立ち上げたり、ズームリングをグリグリしたり、EVFを覗いたりと、X-E1を操作した時の雰囲気が伝わってくる動画です。

「The Camera Store TV」という番組の映像です。「極秘で入手したブツを預かっておいてくれ」的なシチュエーションっぽいんですが、トップシークレットだと言われてるのに視聴者に向けてX-E1を見せびらかし、スペックやら何やら興奮気味に話すイケメンの彼が面白いです。

「The Camera Store TV」の彼もそうですが、好きなものについて語ってる人達ってなんでこんなに楽しそうなんですかね?この映像の二人もとても楽しそうにX-E1のスペックについて語り合っています。なんかこういうの見てるだけで幸せな気分になる今日この頃です。


SHIBUYA - Graffiti Art(渋谷の落書き)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F7.1 1/60 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F7.1 1/60 100
渋谷区宇田川町のとあるお店の壁面に描かれたグラフィティアートです。サグい爺さん、コミカルな覆面男、犬ちゃんなんかが描かれてますが、悪っぽい中にユーモアがあって面白いです。これはお店の人がアーティストに依頼して描いてもらったんでしょうか。街の落書きとはクオリティーが違いますね。それにしても俺はMFが下手ですね。手前の目玉を狙いましたがビシッと合焦してません。1DXのファインダーは視野率:約100%、倍率:約0.76倍と大きくて見やすいのですが、なかなかどうして上手くいかない。もっと修行します。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II)

Torii of Meiji-jingu(明治神宮の鳥居)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/50 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II+EXTENDER EF2×III F3.5 1/80 500
明治神宮の木々は自然林化を念頭に計画的に植えられた人工林で、約100年の時を経て今の姿になっているわけですが、自然の林とは違う独特の雰囲気があって面白い場所ですね。今日はそんな明治神宮に足を延ばし、シンボルの1つである鳥居を撮影してみました。太陽の位置が微妙で、空が完全に白飛びしてしまいましたが、枯れているような、でもしっとりしてるような、鳥居の独特な雰囲気が伝わるでしょうか。ちなみに2枚目の写真はTS-E24mm F3.5L IIにEXTENDER EF2×IIIを装着して焦点距離を倍にするという反則技(※Canonは装着不可としている組み合わせ)を使って撮影しました。通常は開放F値が2絞り分下がるはずなのですが、カメラ側がその組み合わせを認識していないようで開放F値は3.5のままでした。ま、このF値の表示は狂ってると思うんですが(ファインダー像は確実に暗くなってるし)、そもそもTS-Eレンズを使うときはマニュアル露出が主なので全然問題なく使えます。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II+EXTENDER EF2×III)

Meiji-jingu(明治神宮)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/40 160
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/80 250
折り重なる枝葉の向こう側に強烈な光がありました。とても綺麗に見えていたところ、真っ赤な服を着た方がフレームインしてきたので撮影しました。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II)

Odaiba - GUNDAM(お台場のガンダム)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F8 1/500 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F8 1/500 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F8 1/500 100
入手したばかりのアオリレンズ「TS-E24mm F3.5L II」の試写を兼ねて、お台場のダイバーシティー東京に設置されている実物大ガンダムを見に行きました。自分が立っている地面と地続きでガンダムが立っている姿は圧巻ですね。さらに嬉しいことにかなり近距離からの撮影が可能。足元数メートルの距離から5mmシフトして自然な遠近感になるように撮影しました。シフト効果のおかげで、上すぼまりや足でっかちにならず、良いプロポーションのガンダムが撮れました。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II)

Yebisu Garden Place(恵比寿ガーデンプレイス)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F11 1/100 50
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F11 1/100 100
恵比寿ガーデンプレイスにあるジョエル・ロブション前の広場から見える建物を撮影しました。1枚目はシフト量5mmで自然な感じに仕上げましたが、二枚目はシフト量限界の12mmまで目一杯にシフトしてわざと歪ませてみました。モダンアートの作品のような建築物になりました。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II)

Flowerbed(花壇)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/100 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/80 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/640 100
Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F3.5 1/640 100
TS-E24mm F3.5L IIの主な購入動機がシフト機能(建物を撮影する時の歪み修正)だったので、ピント面を傾けるティルト機能って使うかなぁ?と思っていたのですが、いざ使ってみるとこれがとても面白いですね。レボルビング機能とあわせて使いこなせれば、とてもユニークな写真が撮れそうです。マニュアルフォーカスの腕を鍛えて積極的にチャレンジしていきたいと思います。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II)

Joel Robushon(ジョエル・ロブション)/ TS-E24mm F3.5L II

Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II F11 1/125 100
TS-Eレンズは三脚の使用が推奨されていますが、なるほど、こういう写真はじっくり三脚を使って腰を据えて撮影した方が良いですね。手持ちで頑張って撮影しましたが。何枚撮ってもどうしても微妙にズレてしまいます。あとTS-Eはマニュアルフォーカスなんですが、これがまた難しい!AFに慣れ切っている体にはかなり厳しいです。でも良い機会なので積極的にこのレンズを使ってマニュアルフォーカスの腕を鍛えていこうと思っています。(撮影機材:Canon EOS-1D X+TS-E24mm F3.5L II)

Komazawa Park(駒沢公園)/ EF24-70mm F2.8L II

Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F11 1/160 100
Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F11 1/160 100
駒沢通りを車で走っていると雲の形が妙な雰囲気になってきたので駒沢公園に行って撮影してみました。これは階段雲でしょうかね。でも本当は車に乗っているときに、太陽と雲がすごい光景をつくった瞬間がありまして、それが撮影できなかったのを後悔しています。(撮影機材:Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM)

Near TOKYO STATION(東京駅周辺)/ EF70-200mm F2.8L IS II

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F11 1/100 100
皇居周辺の松の木が植えられている場所です。松の木や街灯、信号、奥のビル群に対して、通りがかった3人家族がすごく小さく感じられ、スケール感が狂って見えます。雲の形もドーム状の天井に描いた絵のようで、非現実的です。

Canon EOS-1D X+EF14mm F2.8L II USM F8 1/30 800
東京駅丸の内駅舎、南ドームの天井の装飾です。沢山の人が天井に向けてケータイを向けて撮影していました。そんな中で三脚を立てるのは迷惑になるので私も手持ちで撮影しましたが、どうしても中央の位置に立つことができず、真っすぐ撮影できませんでした。ちなみに今一つ薄暗く、クリアさに欠けるように見えますが、これは天井にある装飾の落下防止用ネットが全面に張ってあるあるためです。

Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F9 1/50 2500
丸ビルと新丸ビルの地下にある駐車場に向かう途中で見つけた階段&エスカレーターです。この場所はオフィス利用の方専用なのか進入禁止だったので、ガラス越しに撮影しました。半分高感度テストのつもりでISOオートで適当に撮りましたが、ノイズに神経質な身としてはこのISO2500は使いたくないかもです。

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/1600 100
東京駅の正面を200mmの望遠で撮影するためにポジションを探している途中にあったビルです。やたら規則的な造形で、このブロック感が良い形です。色褪せ気味の赤レンガ色に青空が綺麗でした。

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/2000 100
ビルの下で何かをほじくっている作業員の方です。3~4人で作業されていました。地べたに座り込んで黙々と作業する彼らの横を、たくさんの人が通り過ぎて行きました。

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/320 100
芝生の上に折りたたみ式の小さな椅子を広げて休憩するバイク便のドライバーさんです。近距離のドライバーさんにピントを合わせ、開放絞りで撮影したためバイクがボケてしまいました。

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F9 1/80 160
黒いコンバースに毛布を二重に折って乗せ、枕にして寝ている人(おそらくホームレスの方)です。車や人がバンバン行き交う場所でガッツリ眠ていました。

TOKYO STATION(東京駅)/ EOS-1D X

Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F8 1/100 100
Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/1000 100
Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F8 1/160 100
補修工事が終わった東京駅丸の内駅舎(通称:赤レンガ)です。100年前の開業時の姿に復元されたそうで、昭和20年5月の空襲で焼失したドームや駅舎3階部分なども再現されているとのことです。風格があって立派な建築物ですね。東京駅利用者の他にも人がたくさんいて賑わっていました。

TOKYO STATION Yard(東京駅構内)/ EF14mm F2.8L II

Canon EOS-1D X+EF14mm F2.8L II USM F8 1/40 800
Canon EOS-1D X+EF14mm F2.8L II USM F8 1/40 800
Canon EOS-1D X+EF14mm F2.8L II USM F8 1/40 640
これまでの人生、東京駅に行く用事があまりなかったので、以前の姿とどう変わったのかよくわからないのですが、大正期の創建時の姿を復元したという東京駅の構内は、メタル調の柱と美しい天井レリーフが混在するちょっと不思議な空間でした。中には大勢の人がおり、各々携帯やコンパクトデジタルカメラを上に向けて撮影していました。

Shin-Marunouchi Building(新丸ビル)/ EF24-70mm F2.8L II

新丸ビルの外観です

Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F8 1/400 100
Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F8 1/320 100
Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F8 1/200 100
Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F11 1/500 100

Imperial Palace Duck(皇居のアヒル)/ EF70-200mm F2.8L IS II

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/2500 100
Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/2000 100
Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L IS II USM F2.8 1/3200 100
皇居のお堀にいるアヒルさんです。このアヒルさんはめちゃくちゃ至近距離まで近づいてくるので、焦点距離200mmでとても大きく撮影できました。動物を撮影するのは初めてでしたが、水面の写り込みとあひるの位置にドラマ性を感じるような描写を心がけました。ちなみに、アップの写真は目にピントを合わせるつもりが首に合ってしまいました。濡れた羽毛のディテールを捉えられたのは良かったのですが、もっと絞れば良かったです。

Marunouchi Building(丸ビル)/ 1D X+24-70mm F2.8L II

Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F8 1/400 100

Near Tokyo Station(東京駅付近)/ EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II

Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F2.8 1/400 100

Near TOKYO STATION(東京駅周辺)/ EF24-70mm F2.8L II

Canon EOS-1D X+EF70-200mm F2.8L II USM F2.8 1/6400 100
Canon EOS-1D X+EF24-70mm F2.8L II USM F2.8 1/1250 100